会社情報 


沿革

1998年11月

株式会社サードステージ デジタル事業部が分社・独立。株式会社デジタルステージ設立。

1998年12月

VJソフト 「motion dive 1.5」をリリース。(発売:イマジカ)VJ ブームの火付け役となる。

1999年9月

VJソフト 「motion dive 2 」をリリース。(発売:デジタルステージ)

2001年7月

VJ ソフト 「motion dive 3」をリリース。(発売:ソースネクスト)

2002年6月

スライドショー作成ソフト「LiFE* with PhotoCinema」をリリース。フォトムービーソフトの先駆けとなる。(発売:デジタルステージ)

2002年6月

(株)ナイキジャパンとコラボレーションし「LiFE* with PhotoCinema “0602TYO”」100個限定リリース。(発売:ナイキジャパン)

2003年3月

アップルコンピュータ(株)とコラボレーションし「LiFE* with PhotoCinema X –Apple Special Edition-」をリリース。

2004年3月

デザインエクスチェンジ(株)より「LiFE* with PhotoCinema」のウェディング版「PHOTO STYLE WEDDING PARTY」「PHOTO STYLE WEDDING TRADITIONAL」「PHOTO STYLE WEDDING ANNIVERSARY」を3タイトル同時発売。

2004年7月

Flashサイト制作ソフト「ID for WebLiFE*」をリリース。(発売:デジタルステージ)

2005年4月

デジタルカメラ・ソフト「LiFE* with PhotoCinema 2」をリリース。(発売:デジタルステージ)

2005年10月

ローランド(株)と共同開発したmotion dive .tokyo専用コントローラー「motion dive .tokyo console」をリリース。(発売:ローランド)

2006年7月

デジタルカメラ・ソフト「LiFE* with PhotoCinema 2 Plus」をリリース。DVDへの書き出しに対応。(発売:デジタルステージ)

2007年9月

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE*」をリリース。(発売:デジタルステージ)

2008年9月

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 2」をリリース。画像編集ツール「SiGN for WebLiFE*」搭載。

2008年9月

Flashサイト制作ソフト「ID for WebLiFE* Plus」をリリース。

2009年4月

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 2.5」をリリース。Googleサービスと連携する「SYNC for WebLiFE*」搭載。

2009年7月

フォトムービー作成ソフト「LiFE* with PhotoCinema 3」をリリース。ハイビジョン対応、YouTubeとの連携機能を搭載。

2009年9月

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 3」をリリース。最大2年無料で専用のホスティングサーバーを付属。

2010年4月

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 3.5」を発売。携帯サイトに対応するための「BiND Mobile Kit」を提供。

2010年9月

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 4」を発売。スライドショー機能「SHiFT」とショッピングカート機能を追加。

2010年12月

Twitterと連動したモーショングラフィックを生成するiPhoneアプリ「motiondive WA」をリリース。

2011年5月

株式会社ネクストと共同開発し、「次世代不動産ホームページAnnex」Powered by BiND for WebLiFE Cloudを提供開始。

2011年9月

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 5」をリリース。Facebookページ作成可能、SNSとの連携を強化。

2012年7月

jQueryベースのウェブサイトを作成できる「LiVE for WebLiFE*」をリリース。

2013年1月

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 6」をリリース。WordPressと連携し、ウェブサイトの更新性を向上。

2013年5月

写真、音楽、テンプレート素材をダウンロード提供するサービス「materials」の提供を開始。

2013年5月

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 6.5」をリリース。

ソフトバンク・テクノロジー(株)との業務提携により国内第一位の提供数を誇る「FONTPLUS」を搭載し、老舗書体メーカーフォントワークス(株)の書体をはじめとする日本語Webフォントの提供を開始。

2013年5月

(株)ベンチマークジャパンと業務提携し、HTMLメール作成・配信サービス「Benchmark Email」の提供を開始。

2013年6月

クラウドソーシングのランサーズ(株)と業務提携し、クリエイター支援の一環として「LiVE for WebLiFE*」を無償で提供。

2013年9月

jQueryベースのウェブ制作ソフト「LiVE for WebLiFE * 2」をリリース。

2013年9月

アジア展開を視野に、新規製品・サービスの開発力を強化する「デジタルステージ・シンガポール」を設立。

2014年2月

ゲッティ イメージズとの協業により、素材ダウンロードサービス「materials」の素材 約100万点を追加で提供。

2014年3月

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 7」をリリース。ショッピングカート機能を無料化。

2014年8月

ウェブ制作オンラインサービス「BiNDクラウド」のサービスを正式に提供開始。

2015年5月

動画作成ソフト「PhotoCinema」をリリース。遠隔にいる人たちと一緒に動画が作れるコラボ機能を搭載。

2015年9月

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 8」をリリース。レスポンシブWebに対応。

2016年4月

動画作成ソフト「PhotoCinema+」をリリース。

2016年9月

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 9」をリリース。BiNDクラウドと連携。