Web集客を強化するSEO対策機能


検索エンジンに評価されやすいサイト作りのために

SEOを強化する「SEOアシスタント」など、必要とされる基本対策を網羅。

サイトの検索順位を上げるために必要な細かなルールを知らなくても、サイトの情報が設定が最適かを自動でエラーチェックできる「SEOアシスタント」機能の搭載をはじめ、常時SSL化やスマホ表示、Webフォントまで対応。Googleの解析ツールとも連携しています。


必須のスマホ表示に標準対応!

サイトがスマホ対応かどうかはSEO対策に欠かせません。BiNDはレスポンシブWeb対応なので、その条件を問題なくクリア。

信用を得るサイトの常時SSL化

サイトの信用を得るための独自ドメインや常時SSL化といったセキュリティー強化も重要です。BiNDクラウドなら両対応で安心です。

ページ表示速度を改善

ページの表示スピードは重視される要素。BiNDは、画像の最適化やHTMLの読み込みスピードを意識した設計になっています。

Googleの解析ツールと連携

閲覧者の動向や傾向がわかるGoogle AnalyticsやSeach Consoleの組み込みに対応し、効果検証もバッチリ行えます。

重要なタイトルタグも簡単設定

BiNDの文字入力エディタは、重要視されるH2タグなどのタイトルタグを設定できるよう設計済み。メニューから選ぶだけでOKです。

画像文字より勝るWebフォント

テキストを画像化するよりキーワードを認識されやすいWebフォントに対応。美しさと実用性を兼ね備えた賢い選択です。


SEOに必要な設定は「SEOアシスタント」が自動チェック

検索順位アップのための対策がわからない人のために、具体的に何をどう設定すべきかを教えてくれるのが「SEOアシスタント」です。 タイトルの付け方が適切かリンクにエラーがないかなどを自動でチェックでき、少数体制ではとくに漏れがちな部分を補える心強い機能です。

タイトル付けが適切かを自動でチェック

SEOのルールをすべて覚える必要はありません。タイトルタグやディスクリプションなどがサイト内で正しく記述されているかをアプリがチェックして改善方法を提案します。

リンクテキストの設定でサイト評価を向上

集客を意識したサイト作りのための、リンクテキストにキーワードを含める、画像にALTタグを付けるといった対策もサポート。未対応の部分をチェックします。

リンク切れなどうっかりミスを防止

SEOの評価はリンク切れや設定の重複などで簡単に下がってしまいます。サイト内に設定したリンクをチェックして設定ミスが見つかったら、その場で修正も可能です。

※SEOアシスタントの設定通りにしても、必ずしも検索結果に影響するとは限りません。

公式オンラインショップ〈DSストア〉なら