DS製品ユーザーさまに感謝の気持ちを込めて。 
どこよりも絶対オトクなBiND8優待販売のご案内です。

どこよりもお得にバージョンアップできる、BiND8特別優待販売をご用意しました。
今が一番お得な特別優待販売を、ぜひお見逃しなく。 

 メールに書かれているログインコード(15桁)を入力して、購入ページへアクセス

 必ずお読みください  ー BiNDユーザー様限定特別優待販売にあたってのご注意 


  • ※ ご購入前に必ず、動作環境をご確認ください。
  • ※ ダウンロード版のお支払いは、クレジットカードのみとなります。
  • ※ダウンロード版は、携帯電話のメールアドレスでは、ご購入いただけません。
  • ※当キャンペーンは、予告なく変更、終了する場合があります。

  

Webを美しく、楽しく、カンタンに。

PCサイトも、スマホサイトも 最新BiNDで美しく

  機能も操作画面も大幅に見直し、BiND史上最大のバージョンアップ。
さらに進化したBiNDで、あなたのWebも思い切ってリニューアルしてみませんか?

 

PCサイトが自動でスマホ用に最適化

レスポンシブ対応だから、もうPCサイトとは別にスマホサイトを作る必要がありません。PCサイトをつくるだけでOK!

Topic1 PCサイトが自動でスマホ用に最適化

レスポンシブ対応だから、もうPCサイトとは別にスマホサイトを作る必要がありません。PCサイトをつくるだけでOK!

スマホ時代のWeb制作に対応
もう個別にスマホサイトをつくらなくてもOK

 日本でもスマートフォンの普及率が60%を超え※1、Google社がスマホ対応サイトを推奨する今、ホームページのスマホ対応が急務。最新BiNDはPCサイトをつくるだけで、各種スマートフォンの横幅に自動でサイトを最適化して表示する「レスポンシブWeb」に対応。PCサイトをつくるだけで、美しいスマホサイトも完成。もうPCサイトとは別にスマホサイトを作る必要はありません。

※ 1 平成27年3月 内閣府 消費動向調査 調べ
※ 旧バージョンで作成したサイトのレスポンシブ化も可能です。ただし、別途、編集作業が必要です。
※ 従来のBiNDのように、PCサイト、スマホサイトを別々に作成することも可能です。

 

スマホに合わせてレイアウトを自動変更

スマホの画面幅にあせて、画像サイズを自動調節するだけでなく、メニューやレイアウトも自動で最適化。制作の手間が圧倒的に省けます。

コンテンツ表示の個別設定も可能

見る環境が変われば、情報設計も変わるもの。PCサイトができたら、スマホ用に、必要に応じてブロック単位でコンテンツの表示/非表示の設定が可能です。

更新や修正の手間が省ける

PCサイトとスマホサイトを1つのサイトデータで、1元管理できるので、それぞれ更新する必要がなく、更新や修正の手間が省けます。

旧バージョンのBiNDで作成したサイトをレスポンシブ化するには?

旧バージョンのBiNDで作成したサイトのレスポンシブ化も可能です。ただし、別途、編集作業が必要です。

旧バージョンのBiNDで作成したサイトをレスポンシブ化するには?

旧バージョンのBiNDで作成したサイトのレスポンシブ化も可能です。ただし、別途、編集作業が必要です。

サイト設定で「レスポンシブ」に切り替える

プロパティ設定画面の「サイト設定」で、ウェブデザインを「レスポンシブ」に切り替えます。
 

エリアの横幅をリキッド(可変幅)に変更

プロパティ設定画面の「ページ設定 > ページレイアウト」で、エリアの横幅をリキッド(可変幅)に変更します。
 

ブロックごとの余白を調節

必要に応じて、ブロックや要素ごとの余白設定を変更します。

※レスポンシブサイトは従来のサイトデータとは、大きくデータ構造が変わります。場合によっては、表示が大きく崩れる可能性があるので、その場合、編集作業が必要です。

PCでもスマホでも、見やすく美しい新作テンプレート

実用性の高いデザインに仕上がった新作テンプレートは、もちろんレスポンシブ対応。

Topic2 PCでもスマホでも、見やすく美しい新作テンプレート

実用性の高いデザインに仕上がった新作テンプレートは、もちろんレスポンシブ対応。

使いやすく、美しく、高品位。
第一線で活躍するプロのデザインをあなたに。

 BiNDの収録テンプレートを手がけるのは、数々の受賞歴を誇るトップクリエイターなど、Webデザインの第一線で活躍するデザイナーたち。
今回追加される6つの新作は、レスポンシブデザインを採用するなど、新機能を搭載。コンテンツと余白を生かしたメリハリあるデザインでトレンド感を演出し、実用性の高いデザインに仕上がっています。

※2016年5月BiND7で搭載された7種のテンプレートが
レスポンシブ対応して、BiND8に搭載予定。
 

レスポンシブ対応、新作テンプレート

各サムネイルにマウスカーソルを乗せると、詳細をご覧になれます。

レスポンシブ対応新作テンプレート

各サムネイルにマウスカーソルを乗せると、詳細をご覧になれます。 ※テンプレートサイトは開発中のものです。

Come On-A My House

 
テンプレートを見るテンプレートを見る
 
DIYの情報発信サイトを想定したテンプレート。DIYのノウハウ記事やワークショップ情報をまとめた、
オウンドメディア型のサイトにオススメです。Instagramに投稿した写真のアルバム表示もポイントです。

Oharis

 
テンプレートを見るテンプレートを見る
 
デザイナーズジュエリーのオンラインショップを想定したテンプレート。
商品のデザイン性を強調するため、文字情報を最小限に抑えシンプルなデザインに。

Bar & Dining No.8

 
テンプレートを見るテンプレートを見る
 
ダイニングバーのお店紹介サイトを想定したテンプレート。
横幅をいっぱいに使うことによって、情報量が多くても読みやすく、スッキリした印象に。

Beppe Italiano

 
テンプレートを見るテンプレートを見る
 
食品ブランドの紹介サイトを想定したテンプレート。
各商品紹介ページだけでなく、ブログページやお問い合わせページ、オンラインショップまで網羅した大型サイトに。

Certified Tax Accountant Office

 
テンプレートを見るテンプレートを見る
 
税理士事務所の紹介サイトを想定したテンプレート。業務内容、料金表、お問 い合わせなど各コンテンツを、
1ページにまとめたシンプルな縦長サイトに。企業サイトなどにもオススメ。

Session English School

 
テンプレートを見るテンプレートを見る
 
英会話スクールの紹介サイトを想定したテンプレート。
新機能のGoogle Styled Mapや新Webフォーム機能を採用し、地図やお問い合わせフォームまで統一感あるデザインに。

デザインルールがあるサイトは美しい

美しいサイトには必ずデザインルールがある。だからサイト全体にデザインの統一感を持たせる新機能「Dress」を、ご用意しました。

Topic3 デザインルールのあるサイトは美しい

美しいサイトには必ずデザインルールがある。だからサイト全体にデザインの統一感を持たせる新機能「Dress」を、ご用意しました。

サイトで使用するフォントやカラー等を
一括管理する新機能「Dress」でサイトを美しく

1つのサイト内で、たくさんの色を使っていたり、見出しのフォントや文字サイズがバラバラだと、非常に粗雑な印象を与えてしまいます。そこで、デザインの決め手と言われる「CSS」の設定をお手伝いします。最新 BiNDでは、サイト内のデザインルールを決めて、一括管理する「Dress」を搭載。サイトにデザインの統一感を持たせ、美しいデザインに仕上げます。 また、見出しの文字サイズを変更したい場合も、「Dress」上で変更すれば、各ページ一括変更できるので、いちいち修正する必要がありません。
テンプレートをオリジナルにアレンジする際にも、作業効率に一役買います。 

※ Dress機能は、レスポンシブモード(BiND8から搭載されるモード)でのみ利用できる機能です。従来のバージョンで作成したサイトに適用するには、予めレスポンシブモードに変換してから設定する必要があります。

  

 

サイト内で使用する書体やカラー、余白などデザインルールを、プレビューで確認しながら、設定できるので、「CSS」の知識がなくても安心。デザインの統一感ある美しいサイトが、カンタンに作成できます。

サイト内のデザインルールを一括で管理可能。だからページやブロック毎に、いちいち設定する必要がありません。また、ページ毎、ブロック毎に個別ルールも設定できるので細部までこだわれるのも◎。

予め各ルールがセットされたDress テンプレートや他のサイトテンプレートのデザインルールを適用することもできるので、センスに自信がなくても安心。またカスタマイズした設定を保存することも可能です。

SSL対応!オリジナルデザインのWebフォーム作成がカンタンに

あなたのサイトにふさわしいデザインの「お問い合わせフォーム」が作れる新サービス

Topic4 SSL対応!オリジナルデザインのWebフォーム作成がカンタンに

あなたのサイトにふさわしいデザインの「お問い合わせフォーム」が作れる新サービス

あなたのサイトの「お問い合わせフォーム」を
オリジナルデザインでカンタンに美しく。

 従来のBiNDで使えたGoogleフォームは、セキュリティ面やデザイン面で無料サービスであるために行き届かない部分がありました。新フォーム機能「Smooth Contact」を使えば、SSLに完全対応した、機能もデザインも高性能なお問合せフォームが実装可能になります。専用の管理画面から、問い合わせ状況の確認もできて便利。公開先のサーバーも選ばず、見た目も美しく安全なフォームが無料で使える、うれしい機能です。

※ 当サービスの正式サービス開始は、2016年6月を予定しております。
決まり次第、Webまたは、メールマガジンにてご案内させていただきます。

 

記憶に残るサイトに!見る人の興味をひく「背景動画機能」

サイトの背景に動画を自動再生させて、メッセージ性のある表現力あるサイトに。

Topic5 記憶に残るサイトに!見る人の興味をひく「背景動画機能」

サイトの背景に動画を自動再生させて、メッセージ性のある表現力あるサイトに。

動画だから、つい見入ってしまう。インパクトは「スライドショー」以上!

 圧倒的なインパクトをもたらす、Webデザインのニュー・スタンダード「背景動画」機能。サイト背景に動画を自動再生させることで、サイト訪問者の注目を集め、記憶に残りやすいサイトが作成できます。お店の雰囲気や臨場感、商品の利用シーンなど、言葉では伝わりづらいことも動画を通して、無意識的に引き込み読者に訴求できます。
ちなみに、動画をつくるなら動画作成ソフト「PhotoCinema」がおススメです。

※ 背景動画で使用する動画はYouTubeにアップロードしてある必要があります。
※ モバイル端末では、静止画で表示されます。

 

全体にも!部分的にも!「背景動画」の使い方いろいろ。サンプルサイトをチェック

全体にも!部分的にも!「背景動画」の使い方いろいろ。サンプルサイトをチェック

動画をブラウザ横幅いっぱいに
 
背景動画を使いながらも、
写真や記事も引き立たせる
動画エリア、テキストエリアを
シンプルに分割
記事のブロック単位で
背景動画を設定

操作画面を刷新。細かな部分もしっかり改善!

基本機能を見直し、「あっ!コレ便利!」と言っていただけるようなかゆいところに手が届く、とっても便利な機能も大幅強化しました。

Topic6 操作画面を刷新。細かな部分もしっかり改善!

基本機能を見直し、「あっ!コレ便利!」と言っていただけるようなかゆいところに手が届く、とっても便利な機能も大幅強化しました。

サイトデータの構造の見直しから操作画面の一新。
すべては使いやすさのために。

使いやすさ向上のため、従来の操作画面を大幅に見直し、
BiND史上最大のデザインリニューアル。
さらに、レスポンシブ対応やSEO対策のためサイトデータの基本構造も
大幅に見直し、使い勝手やカンタンさはそのままに全く新しいBiNDに生まれ変わりました。

日々使うからこそ嬉しい機能が増えました。

日々使うからこそ嬉しい機能が増えました。

ブロック単位のコピペが可能に

ブロック単位でのコピー&ペーストが可能になり、ページ編集がスムーズに。

ページ単位のコピーが可能に

ページ単位でコピーして、別サイトへのペーストが可能になり、制作スピードもアップ。
 

サイトシアターでの検索が可能に

サイトシアターに検索機能が実装。複数サイトを制作していても、お目当てのサイトを見つけることが容易になりました。

まだまだあります! かゆいところに手が届く“使える”新機能

まだまだあります! かゆいところに手が届く“使える”新機能

写真がリアルタイムに更新される
Instagramアルバム機能

世界的な人気を誇る写真共有サービス「Instagram」と連携し、
「Instagram」に投稿した写真をBiNDで作成したサイトでリアル
タイムに表示することができます。アルバムのレイアウトは自由に設定できるので、
一覧表示にしたり、ビルボードに設置したりなど、さまざまな使い方が可能です。
 
 

地図をオシャレにカスタマイズ

Google Mapのデザインをモノクロ化したり、指定の場所にオリジナルのアイコンを設置したりといった、地図のアレンジが可能になりました。サイトに合った、デザインに地図をカスタマイズしよう。

どのサーバーでも使えるWebフォント

Webフォントが楽しめる「TYPE」が大幅強化。Google Webフォント(703種)や日本語フリーフォント(24種)に対応し、このどちらかであれば、サーバーを選ばず、無料でWebフォントが楽しめます。

アイコンフォントに対応

フォントと同様に、テキストとして扱えるアイコンフォントに対応。色やサイズも文字同様に変更できるため大変便利です。

テキストをマーカーで強調

サイト内のテキストで強調したい部分をマーカーで強調表示が可能に。もちろん、色の変更も可能です。
 

SEO対策もしっかり強化

Google Search Console(旧Webマスターツール)にも対応し、より検索最適化対策がしやすくなりました。

おトクな優待販売でまとめて手に入れよう

関連アイテムも一緒に揃えて、ホームページ作成を楽しもう!

BiND8/BiNDクラウド対応版 通常価格2200円(税抜き)

ダウンロード版には付属いたしません

BiNDでのホームページ作成基本がわかる逆引きガイドブック。
BiNDの基本操作や応用テクニックだけでなく、「レスポンシブ対応」や「Dress機能」、「フォーム設定」など各種新機能も、初めての人にもわかるよう丁寧に解説。BiNDの実力を存分に引き出す、ユーザー必携のガイドブックです。

DSストア限定商品[書店各店でのお取り扱いはございません。]

レスポンシブ対応!

非売品

DSストアで購入しないと手に入らない特典テンプレート。
特典とはいっても、構成やデザインに、とことんこだわって実用性のあるテンプレートに仕上げました。企業サイトやイベントサイトなどにオススメです。ぜひ、あなた好みにアレンジしてください。

※ダウンロード版をお買い上げの方には、BiND8製品のダウンロード方法のご案内メールと一緒に本アイテムのダウンロード方法をご案内いたします。

 
テンプレートを見るテンプレートを見る

プロフェッショナル版、クロスプラットフォーム版だけに収録されるクーポンで、まずは、おトクにはじめよう!


オリジナルデザインのお問い合わせフォームが作れる新サービス「Smooth Contact」。この上位コースがご利用できる11,760円(税抜)相当分の年間無料クーポンがBiND8プロフェッショナル版/クロスプラットフォーム版に収録。Googleフォームでは実現できなかった、フォームのカスタマイズが簡単に。

※上位コースのサービス開始期間は、2016年6月を予定しています。


月額3,218円のWebLiFE*サーバー・プレミアムコースが 3ヶ月無料で利用できる限定クーポンです。 プレミアムコース《年間一括》(年間 32,140円) にお申込みいただいた場合は、年間契約1年のところ、期間を1年3ヶ月に延長しご利用いただけます。


DS製品ユーザーさまに、“ありがとう”の気持ちをこめて。
最新BiNDを、どこよりもお求めやすく。

直販かつ、DS製品ユーザー様限定だからできる特別優待販売。
目的にあわせて、3つのエディションからお選びください。

 メールに書かれているログインコード(15桁)を入力して、購入ページへアクセス

 必ずお読みください  ー BiNDユーザー様限定特別優待販売にあたってのご注意 


  • ※ ご購入前に必ず、動作環境をご確認ください。
  • ※ ダウンロード版のお支払いは、クレジットカードのみとなります。
  • ※ダウンロード版は、携帯電話のメールアドレスでは、ご購入いただけません。
  • ※当キャンペーンは、予告なく変更、終了する場合があります。

 ご購入前に《14日間限定》BiND8をお試しください。

 
BiND8がご自身の環境で動作するか不安という方は、製品版インストーラー(プロフェッショナル版)をダウンロードし、14日間体験版としてお試しください。
お買い上げ後、入手したプロフェッショナル版製品シリアルでライセンス認証を行っていただければ、そのまま製品としてご利用いただけます。

※お買い上げされた製品が、スタンダード版の場合は、一旦、当体験版をアンインストールしてから、
お買い上げのスタンダード版を新たにインストールしてください。

 
 

 
 

 

 BiND8 全額返金プログラム

 
お買い上げいただいたBiND8をご自身のPCにインストールして正常に起動しなかった場合、
お届けから30日以内であれば、商品のご購入金額を全額返金いたします。

※ テクニカルサポート対応をしても正常に動作しなかった場合が対象です。

 
 

  

 

インストールについて

Windowsユーザー様へのお知らせ

インストーラーやアップデーターをダウンロードしようとすると「コンピュータに問題を起こす可能性があります」と表示される
インストーラーやアップデーターを実行しようとすると「WindowsによってPCが保護されました」と表示される

 
 

インストールにあたっての注意事項

 

  • インストーラーは容量が大きいのでダウンロードはブロードバンド環境で行ってください。(ダイアルアップなどではダウンロードに失敗する可能性があります。)
  • ほかアプリケーションは終了した状態でインストーラーを実行してください。
  • インストーラーには重たい処理があります。途中、停止したように見えることがありますが他の作業を行わず暫くお待ちください。
  • Macではインストール後、各ログインユーザーアカウントごとにシステムの処理としてDock.appへのアプリケーションファイルの登録処理が行われます。
  • この処理の際、Mac OSのDock(ドック)の動作が重くなる動作が確認されています。環境に依存しますが、処理が終わるのを暫く待つと(10~20分程度)で処理が安定します。



1)インストールディスクをパソコンにセットして、インストーラーをダウンロードし、実行してください。

 
  ※ Windows版は「BiND8install.html」を、Mac版は「BiND8インストール」をダブルクリックしてください。
  ※ Windows版は一部のセキュリティソフトが起動していると、正常にインストールができない場合があります。

 
2)インストーラーの手順に従ってインストールを行ってください。
 
3)アプリケーションを起動します。
 

※ 体験版としてご利用いただけるのは、14日間です。
 14日間を過ぎると商品をお買い上げいただき、ライセンス認証を行わないかぎり起動できなくなります。

BiND8ではサイトデータの移行方法、バックアップ方法が変わりました。

・ 旧バージョンのBiND(BiND1~7)で作成したサイトを移行する
・ サイトデータをバックアップする

製品比較

 

動作環境(2016年3月現在)

Mac

OS

Mac OS X 10.8.5
Mac OS X 10.9.5
Mac OS X 10.11

※全てサーバー版は除きます
※いずれのOSも日本語環境のみ対応しています


CPU/メモリ

CPU:インテルプロセッサ専用(Core iシリーズ 2.0GHz以上推奨)
メモリ:2GB以上(4GB以上推奨)

※Mac OS Xの動作が保証されているApple純正Macのみ


ハードディスク

5GB以上のハードディスク空き容量(Mac OS 拡張(ジャーナリング)のみ動作/10GB以上の空き容量推奨/RAID環境を除く)

※外付けハードディスク、取り外し可能なUSBフラッシュメモリ等にインストールした場合の動作は対象外となります
※1パーティションが2TB以内の環境へインストールする必要があります


ディスプレイ

1280 × 768ピクセル以上のモニタ(1440 × 900ピクセル以上を推奨)


その他

・CD-ROMドライブ(製品インストール時/ない場合はダウンロードでも可能)
・インターネット接続環境とご自分のメールアドレス(初回起動時のみ必須)
・ブロードバンド環境推奨(2Mbps以上の回線速度/インストール時およびアップロード時に必要です)
・FTP接続できるウェブサーバー、もしくは専用サービスWebLiFE*Server
・Adobe Flash Player 最新バージョン
・オンラインユーザー登録が必須です
・BiNDをインストールするには、管理者権限を持ったユーザーアカウントが必要です
※ご利用もインストールを行ったユーザーアカウントでご利用ください

動作環境

Windows

OS

Windows 7 SP1
Windows 8.1
Windows 10

※32bit/64bit対応。ただし64bit版では32bitモードで動作します
※いずれのOSも日本語版のみ対応しています
※Windows 8、Windows 8.1、Windows 10では、「デスクトップモード」で動作します
※Windows 8、Windows 8.1、Windows 10固有の操作方法はマニュアル・ヘルプに記載しておりません


CPU/メモリ

CPU:インテルプロセッサ 2.4GHz以上(Core iシリーズ 2.0GHz以上推奨)
メモリ:2GB以上(4GB以上推奨)


ハードディスク

5GB以上のハードディスク空き容量(10GB以上の空き容量推奨/RAID環境を除く)

※起動ディスク(OSのインストール先)がATAもしくはSATA接続の環境である必要があります
※システムドライブにインストールされます
※外付けハードディスク、取り外し可能なUSBフラッシュメモリ等にインストールした場合の動作は対象外となります
※1パーティション(1つのドライブ)が2TB以内の環境へインストールする必要があります


ディスプレイ

1280 × 768ピクセル以上のモニタ(1440 × 900ピクセル以上を推奨)


その他

・CD‐ROMドライブ(製品インストール時/ない場合はダウンロードでも可能)
・インターネット接続環境とご自分のメールアドレス(初回起動時のみ必須)
・ブロードバンド環境(2Mbps 以上の回線速度/インストール時およびアップロード時に必要です)
・FTP 接続できるウェブサーバー、もしくは専用サービスWebLiFE* サーバー
・Adobe Flash Player 最新バージョン
・ImageMagick c 1999‐2012 ImageMagick Studio LLC(画像変換ソフト インストーラーに同梱)
・オンラインユーザー登録が必須です
・BiND をインストールするには、管理者権限を持ったユーザーアカウントが必要です
※ご利用もインストールを行ったユーザーアカウントでご利用ください

閲覧環境

Mac

Safari 5.1.10以上
Safari 6.2.6以上
Safari 7.1.7以上
Safari 8.0.8以上
Chrome 最新
Firefox 最新

閲覧環境

Windows

Windows Vista・・・Internet Explorer 9以上
Windows 7/Windows 8.1・・・Internet Explorer 11以上
Chrome 最新
FireFox 最新
Edge 最新

閲覧環境

Smart phone/Tablet

iPhone

iOS 8.4以上の環境にインストールされたSafari 最新バージョン

Android

Android 4以上の環境にインストールされたChrome 最新バージョン

Webフォント閲覧環境

・Internet Explorer 9以上
・Safari 5.1.10以上
・Firefox 最新
・Chrome 最新

※ブラウザの種別やOSバージョンにより正しく表示できない場合があります。
※モバイル端末については、iPhone・iPad・Android(一部)を除く、携帯電話やその他スマートフォンでのWebフォント表示に対応しておりません。
※WordPressサイトでは、Webフォントはご利用いただけません。
※Webフォントの表示については、原則、フォントプラス、Google Fontsの仕様に準じます。

BiND8で提供を終了する旧バージョンで搭載されていた機能

旧バージョンBiNDの以下の機能が、BiND8では提供終了となります。こちらの機能はご利用いただくことができませんので、あらかじめご了承ください。
 
・自動バックアップ 設定
・Dropbox 連携 ※次期アップデータにて、新・Dropbox連携として実装予定
・Office Importer
・LiVE Connect
・SiGN for WebLiFE* 3
・Social Connect

購入前のよくある質問

商品の購入に関して

※1 クロスプラットフォーム版は、プロフェッショナル版のみのご用意です。
※2 パッケージ / ダウンロードの製品仕様は同じです。

優待コードは、オンラインストアよりお送りしているメールマガジン内に記載させていただいております。 
そちらのメールをご参照ください。 

ご不明という場合、製品登録に関する下記の情報をご連絡ください。 
登録内容について確認させていただいたのち、優待コードをお送りいたします。 

○宛先 
shop@digitalstage.jp

○ご連絡いただく情報 
・お持ちの製品名 
・お持ちの製品のシリアル番号 
・ご登録名義 
・ご登録メールアドレス(デジタルステージID) 
・ご登録電話番号
 

*重要*
迷惑メールに分類されていた/ご利用のメールソフトにより誤って削除されていたというご連絡が近年増えております。
お手元に届いていない場合、まずはご利用のメールソフトの設定や受信状況のご確認もお願いいたします。

海外の発送につきましては、基本的にオンラインストアでの取扱いはございませんが、できる範囲でご対応させていただいております。
国内発送とは異なる点がありますので、shop@digitalstage.jp宛にご連絡ください。 
なお、ダウンロード版につきましては発送がございませんので、急ぎご利用を希望の場合はダウンロード版をご注文されることをおすすめいたします。

オンラインストアの他、家電量販店等の販売店で購入可能です。取扱販売店に関しましては、下記ページより、お近くの取扱店をご確認いただけます。 

■全国販売店一覧 
http://www.digitalstage.jp/shoplist/

※在庫状況に関しましては、恐れ入りますが各店舗にご確認ください。
 

よくあるお問い合わせ

HTMLタグなどのウェブ知識がなくても、本格的なHTMLベースのウェブサイトを作成できます。
また、BiND8は従来の同製品シリーズにはなかった、下記の新しい機能や仕様を実装しております。
 
■ レスポンシブ対応(PC/スマートフォンでの表示調整ができます。)
■ UIデザイン刷新/操作性の向上
■ Dress(サイト全体の統一感を保ちながら、各要素の配色を変更できます。)
■ Smooth Contact(独自のフォームを作成・運用することができます。) 
■ Google Search Console 向けの対応強化 / <meta> タグ設定機能(これまで以上にSEO対策が可能になります。)

また、旧バージョンBiNDの以下の機能が、BiND8では提供終了となりました。こちらの機能はご利用いただくことができませんので、あらかじめご了承ください。
・自動バックアップ 設定・Dropbox 連携・Office Importer・LiVE Connect・SiGN for WebLiFE* 3・Social Connect

BiND旧バージョンからの変更点について、詳しくはこちらをご覧ください。

[プロフェッショナル版購入特典クーポン]
プロフェッショナル版には新フォームサービス「Smooth Contact 」が1年間無料で利用できるクーポンと、「WebLiFE* Server・プレミアムコース無料クーポンコード」、「Yahoo! プロモーション広告7,500円分クーポン」が付属します。
[サイト編集モード]
スタンダード版/プロフェッショナル版共に、簡単にサイト編集ができる「スマートモード」、詳細編集ができる「エディタモード」があります。異なる点として、プロフェッショナル版の場合は「スマートモード」で設定した内容をさらに編集できる「SMタグ編集モード」がさらに追加されています。

※タグを利用してのサイト作成は非常に高度な内容となり、サポートの対象外となりますのでご了承ください。
[テンプレート収録数]
スタンダード版テンプレート:180サイト
(通常テンプレート/スマホテンプレート/オンラインショップテンプレート/スマホオンラインショップテンプレート) 
プロフェッショナル版テンプレート:219サイト
(上記に加え、WordPressテンプレート/Facebookテンプレートを追加)

※ カラーバリエーションを含めた合計サイト数です。

詳しくは製品比較をご覧ください。

ご用意がございます。詳しくは下記のページをご覧ください。
http://www.digitalstage.jp/bind/trial.html

BiND8では、サイトの更新情報をSNS上にお知らせしたり、またサイト内に「いいね!」ボタンやツイートするボタンを設置することができます。 

「いいね!ボタン機能」→Facebookの「いいね!」ボタンをサイトに設置することができます。 
「Twitter機能」→設定したTwitterアカウントのツイート内容をサイトで表示することができます。

SEO対策として、キーワードやサイトの説明文を設定することができます。 
BiND8ではGoogle Search Console 向けの対応強化や<meta> タグ設定機能が追加されたため、これまで以上にSEO対策が可能になります。Google Analyticsのアクセス解析コードを埋め込む機能もありますので、サイトの分析に役立てることができます。

可能です。

下記条件を満たしている必要がありますので、事前に必ずご確認ください。
 
[動作条件]
 
・ FTP接続が可能
・ アップロードを行うサイトのファイル形式に対応している
ファイル形式:HTML/JS(JavaScript)/CSS/XML/その他画像、動画ファイル

※ BiND for WordPress機能を他社サーバーで使用する場合、ご利用のサーバーがWordPressに対応している必要があります。
※ その他サーバーの仕様により、上記を満たしている場合も動作が異なるケースもあります。あらかじめご了承ください。
※ BiND8とWebLiFE*サーバーを組み合わせることでご利用いただける機能・サービスは、他社サーバー様とご契約の場合、お使いいただけませんので、重ねてご了承ください。
機能例-Webフォント/ショッピングカート機能(フリーカート除く)/BiND for Facebook機能 など
 
[その他]
 
BiND8のFTPアップロード機能はご利用いただけない、もしくはアップロード後のサイトの動作に不具合が確認されているサーバーは下記のとおりです。

BiND8のFTP機能は非対応(FTPソフトでのみアップロード可能)
・ NINJA TOOLS
・ sound.jp
・ FC2
・ Eストアー(ショップサーブ/サイトサーブ)
・ リムネット
・ 1-man-net
・ ネスク(@nsk)

BiND8非対応サーバー
・Biglobe
・楽天GOLD

※サーバーサービスは多数あり、すべてのサーバー様での動作検証を行っているわけではありません。
代表的なサーバーサービスのご案内となります。

いいえ。必要ありません。
レスポンシブ機能も含め、他社サーバーでもご利用いただくことが可能です。

※ウェブサイトの公開先サーバーに制限はございません。他社サーバーでもご利用いただくことが可能です。

機能や仕様について

動作環境、閲覧環境については、製品仕様をご覧ください。

BiND8をインストールし使用するPCは日本語OS(Macintoshの場合は、言語設定>日本語)である必要があります。 

また、作成するサイトは日本語もしくは英数字(英語)※サイトとなり、それ以外の言語には対応しておりません。 
※ ショッピングカート機能やフォーム機能など、一部機能は日本語のみとなります。ご了承ください。

1本のソフトにつき、最大でお客様がお持ちのパソコン2台(2ライセンス)までインストールしご利用いただけます。 
3台目以降のパソコンにインストールしたい場合は、ご利用中のいずれかのPCでライセンスの解除手続きを行い、空きライセンス数を確保することで可能です。 

※ 2ライセンスを複数のユーザーでシェアするというライセンス形態ではございませんので、あらかじめご了承ください。

クロスプラットフォーム版を購入された場合は、Mac2ライセンス、Windows2ライセンスの合計4ライセンス、最大で4台まで同時にインストールしご利用いただけます。
※ 各OSは2ライセンスずつとなり、4ライセンス全てをどちらかのOSのみで使用することはできません。

インストールにあたって
・ インストーラーや各種アップデーターのダウンロード
・ 製品登録(ライセンス認証作業)
が必要となりますので、インターネット接続環境が必要です。

※ 安定したインターネット環境で作業を行えるよう、PC内蔵の有線LANでインターネットに接続する環境を推奨します。
※ インストール後、製品登録を行わない場合も一定期間体験版としてご利用いただくことは可能です。 
既定の日数を経過すると、体験版は起動できなくなりますが、ライセンス認証作業を行うことで、その後製品版としてご利用いただけるようになります。 

また、製品ご利用中について、常時インターネットに接続している必要はありませんが、サイトをサーバーに公開する際、データのアップロードのためインターネット接続環境が必要です。

 BiND8がインストールされているパソコン間であれば、サイトデータのエクスポート/インポート機能を使って、もう1台のパソコンへ移行することで同じサイトの編集が可能です。

※ サイトデータの同時編集はできません。
※ 詳細につきましては、製品発売後サポートサイトにてご案内予定です。
 

可能です。作成するサイトの数に制限はありません。 

アップロードするディレクトリ(フォルダ)を分けることにより、同一サーバーに複数のサイトをアップロードすることが可能です。

作成するサイトのページ数や、容量に制限は設けておりませんが、 
・ ページ数は最大で100ページ以内 
・ サイト容量は50MB程度
を目安として推奨しています。

可能です。

しかしながら、BiND8は従来のBiNDと比較した際、内部仕様が大きく変わりました。
BiND8で改めてサイトを作成されることを推奨いたします。
移行は推奨しておりませんが、旧バージョンのBiNDより移行される場合はBiND4以上(BiND4〜BiND7)が対象です。
BiND初回限定版~3に関しては、移行は行えません。何卒ご了承ください。

【ご注意】
サイトのコンテンツ内容により、BiND8相当のデザインに置き換わるケースもあります。 
BiND8へ移行後、再度旧バージョンのBiNDに戻したり、バージョンの異なるBiND間でサイトデータを共有することはできません。 
あらかじめご了承ください。
※ 旧バージョンで作成したサイトのレスポンシブ化も可能です。ただし、別途編集作業が必要です。
※ 詳細につきましては、サポートサイトにてご案内予定です。

 BiND3~7本体に収録されたテンプレートは、一部を除きBiND8にも収録されます。
その他、各バージョン専用の特典カートリッジはご利用いただけませんので、ご了承ください。 

なお、別売の追加テンプレート集「BiND Site Box vol.1~10」もご利用いただけます。 
※ BiND8発売後、専用アップデーターにて対応予定です。

他ソフト(Dreamweaver等)で作成したサイトデータをBiND8で編集することはできません。あらかじめご了承ください。

WebLiFE*サーバーについて

BiND8で作成したサイトの公開にはレンタルサーバーの契約が必要です。
デジタルステージではBiND専用のサーバー「WebLiFE*サーバー」をご用意しています。

詳しくはこちらをご確認ください。
■WebLiFE*サーバー
http://www.digitalstage.jp/weblife/

プレミアムコース/プレミアムコース《年間一括》でご利用可能です。 
また、1コース契約で最大5つの独自ドメインを設定しご利用いただけます。 

※ ベーシックコースは既定のURLとなり、独自ドメインはご利用いただけません。

【ご注意】
1. WebLiFE*サーバーでは独自ドメインの発行や代行取得は行っておりませんので、ドメイン提供サービスで取得していただく必要があります※。(ロケットネット、ムームードメイン、お名前.comなど)
2. 日本語の独自ドメインはご利用いただけません。 
3. WebLiFE*サーバーはCNAME設定を仕様としています。DNSサーバーは用意しておりませんので、DNSサーバーをお持ちのドメイン発行会社をご利用下さい。

ご利用いただけます。 
BiND8で作成されたサイトをアップロードする場合も引き続きご利用いただけます。

【ご注意】 
BiND7(BiND3,4,5,6)とBiND8の無料試用期間を合算利用することはできません。 
BiND8の購入特典「ベーシックコース無料利用」については、新規コース契約が対象です。 
合算利用の他、既存のベーシックコースの無料利用期間延長の目的ではご利用いただけませんので、あらかじめご了承ください。

「WebLiFE* Server・プレミアムコース無料クーポン」は、WebLiFE*サーバー・プレミアムコースが3ヶ月無料でご利用いただけるクーポンです。

※ 「WebLiFE* Server・プレミアムコース無料クーポン」は新規コース契約が対象です。
※ プロフェッショナル版にのみ付属します。
既に契約いただいているプレミアムコース/プレミアムコース《年間一括》へ適用しご利用いただくことはできませんので、あらかじめご了承ください。

WebLiFE*サーバーではプレミアムコース《年間一括》のみWeb領収書を発行しております。
WebLiFE*サーバー コントロールパネル内、「支払い履歴」の「領収書発行ボタン」を押して、
発行のお手続きをおこなってください。お宛名 / 但書は変更できます。 
領収書はPDF形式のファイルで発行されます。

購入後のサポートについて

1. サポートサイトの公開
製品のマニュアルやよくあるご質問など、様々な情報を提供いたします。
2. 機能追加/修正プログラムの提供
必要に応じ、アップデーターを配布させていただく予定です。
3. 予期せぬトラブル、ご不明点などの個別の無料メールサポート対応
専用のお問い合わせフォームより、サポートセンターにてメールでのお問い合わせを承ります。 
※メール以外のサポート(電話・FAX・訪問等)は承っておりませんので、ご了承ください。 

ご利用いただく上でのガイドラインとなるサポートポリシーは下記をご参照ください。
■  BiND8 サポートポリシー