デジタルステージ - 開発ブログ

DIGITALSTAGE Official Blog 開発BLOG

デジタルステージ・メールマガジン

バックナンバーはこちら

ジタルステージが仕掛ける「素敵なコト」、お知らせします。

デジタルステージ代表・平野のコラムをはじめ、新製品情報からアップグレードなどの重要なお知らせ、またプレゼントキャンペーンなどのお得情報、ときには公開前の非公開情報まで、デジタルステージの情報のすべてを最初にここから発信していきます。さあ、今すぐご登録ください!

   メールアドレス:

開発BLOG [TOP] > 月別アーカイブページ

2009年3月に投稿された記事の一覧ページです。


10分プレゼンテーション(映像あり)


2009年03月21日 [ イベント ]

デジタルステージ平野です。 今日は開発の話題からちょっと逸れて、僕のプレゼンテーションの話を。 先日、東京ミッドタウンで開催された「DEMOsa(デモサ)」というイベントにスピーカーとして参加してきました。 DEMOsaとは 10分のプレゼンテーションを通して、未知...

続きを読む ->


BiND2.5およびSYNCのベータ版テスターさんを募集します!


2009年03月11日 [ お知らせ ]

デジタルステージ開発スタッフです。   デジタルステージでは、この春リリース予定のBiND2.5アップデーター およびSYNCの開発を行っております。   このたび、開発中のBiND2.5およびSYNCのベータ版を実際に使っていただいて、 不具合などを見つけた際にデ...

続きを読む ->


SYNCならデザインはBiNDで、更新はブラウザで!?


2009年03月11日 [ BiND for WebLiFE* ]

デジタルステージ平野です。 さて、デジタルステージのBiND専用の新しいウェブサービス「SYNC」についてお伝えしてきました最近の開発ブログ。 予想をはるかに上回る沢山の反響をいただいて、デジステスタッフ一同、ものすごく励みになってます。本当にありがとうございます!...

続きを読む ->


日経ITプラスにBiND2の開発秘話が掲載されてます


2009年03月03日 [ 開発あれこれ ]

デジタルステージ平野です。 前回のエントリーは、な・な・なんと過去最大の3000人以上のワンクリックアンケート! [前回のエントリー]開発中のSYNCの画面、お見せします! そして、初めてチャレンジしてみたコメントの受付は40件弱、総アクセス数は10000ユニークユ...

続きを読む ->


ブログパーツ

デジタルステージ公式 Twitterアカウント

Twitterボタン 代表・平野友康のつぶやきをリアルタイムでチェックできます。ぜひフォローください!


プロフィール

平野 友康株式会社デジタルステージ
代表

ひらの ともやす
平野 友康


デジタルステージ代表取締役。1974年生まれ。どこにもないソフトウェアを世に出すことを目指し10年。構想から開発まで自ら行っている。著書に、その独特な開発手法を綴った手記「旅する会社」(発行:アスキー)がある。また、オールナイトニッポン・金曜一部(ニッポン放送)のメインパーソナリティーの経験や、劇団第三舞台から独立した経歴から考えるに、デジタルよりはアナログの人。


旅する会社旅する会社
[発行元:アスキー]

デジタルステージ代表 平野友康のすごいソフトウェア開発
旅と合宿を通じてソフトウェアの開発をした4年間の軌跡を綴った一冊。

→ 詳しい情報               amazonで買う


RSS で更新情報を配信中

このページの更新情報はRSS で配信されています。お手持ちの RSS リーダに登録することで随時更新情報を取得できますので、ぜひご利用ください。

RSS


2014年4月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー別で並び替える


デジタルステージ・プロダクト

BiND for WebLiFE* 3

ID for WebLiFE* Plus

LiFE* with PhotoCinema 2 Plus

motion dive .tokyo


BiND × Movable Type

ご覧のページは試験的にBiNDとMovable Typeを組み合わせて作成・更新されています。カレンダーやRSS、トラックバック、アンケートを自動生成しています。

Movable Typeについて検索する

BiNDとMovable Typeの組み合わせ方法についてはBiNDの操作以外に高度な技術が必要となります。その為技術的な質問等には一切お答えできません。
ご了承ください。