デジタルステージ - 開発ブログ

DIGITALSTAGE Official Blog 開発BLOG

デジタルステージ・メールマガジン

バックナンバーはこちら

ジタルステージが仕掛ける「素敵なコト」、お知らせします。

デジタルステージ代表・平野のコラムをはじめ、新製品情報からアップグレードなどの重要なお知らせ、またプレゼントキャンペーンなどのお得情報、ときには公開前の非公開情報まで、デジタルステージの情報のすべてを最初にここから発信していきます。さあ、今すぐご登録ください!

   メールアドレス:

 

【動画あり】BiND Serverでモバイルサイトが!?


2009年09月15日 [ BiND for WebLiFE* ]


BiND Server、本格始動!
ウェブコンポーザーのための<モバイル新時代>

こんにちは、デジタルステージ平野です!
今回の開発ブログの話題は、"MOBiLE"。今日までずっとベールに包まれていたBiND3専用サーバー「BiND Server」ですが、今週はついに「なぜ専用サーバーなのか?」という謎を解くヒントをお伝えします!

3週に続けて全3回ということでお届けしてきたBiND3速報ですが・・・実はまだまだネタがいっぱいあるんです!
さぁ、そんなわけで4週目。今週は、BiNDの「ほんのちょっと先の未来」へ、みなさんをお連れしましょう!
さらに来週もありますよ!!

前回のエントリーはもう読みましたか?:【動画あり】BiND3の動作画面お見せします!!
前々回のエントリーはもう読みましたか?:『BiND、3年目のありがとう』平野友康
BiND3の速報サイトはもうご覧になりましたか?: http://www.digitalstage.jp/bind/bind3/

 


まずはこちらのビデオメッセージから、どうぞ!!(↓↓↓再生ボタンをクリック↓↓↓)

↑ ↑ ↑ 再生ボタンをクリック(約5分のビデオです) ↑ ↑ ↑ 


ということで、11月からはこんな感じでBiND Serverが本格始動します!

ビデオの中で説明していた「モバイル」。これは、今回のBiND3のテーマである「デザイン」の次に僕らが掲げる、もうひとつの新しいテーマなんです。実際に動いている画面もご覧いただいたことで、少しイメージが湧いてきましたか??

ではここからは、上の動画で説明した内容を、もう一度細かくおさらいしていきましょう。

あなたはBiNDでサイトをつくるだけで、あとはサーバーが勝手にケータイ化!

QRページ.png携帯サイトとPCサイトを別々につくる?
BiND3とBiND Serverの組み合わせの場合、そんな必要はありません。

あなたはただ、普段から使い慣れたBiNDで自由にサイトをつくり、更新するだけです。
サイトが完成したら、BiND Serverにアップロード。その際に、例えば下のような感じでQRコードをサイトに貼付けておきましょう。

QRページ.png


QRコードを見たいページにかざすか、URLを直接打つだけでOK!

QR1.pngあなたがBiND3でつくったサイトは、パソコンで見ればパソコン用に。
ドコモ、ソフトバンク、auなどの携帯で見れば、ケータイサイトに自動的に振り分けられます。
同じURLで問題なし。
今までのお手製携帯サイトによく見かけた「携帯はこちらのアドレスへ!」といった分かりにくい案内は一切不要。
サイトにアクセスする人は、ただアクセスするだけで最適な状態で見ることができるんです。

なお、ケーターサイトを作ったことのある方ならご存知だと思いますが、ケータイサイトはPCサイトと違って、細かい制約やルールが沢山あります。例えば、FlashやAjaxなどは携帯端末が対応していないため表示できないほか、1ページのデータ量に上限がある、などなど。BiND Serverでは、こういった制約やルールに合わせて、携帯端末用に簡素化されたページを自動生成するようになります。
さらに、自動生成されたケータイサイトを「PC上からもプレビューできるサービス」も提供する予定です(いちいち携帯でチェックしてたら面倒ですからネ)。


QRコードをつくる機能は名刺やショップカードにも応用できる

QR名刺.psdQRクーポン.psd
せっかくケータイサイトをオープンしたのだから、名刺やショップカードなどにQRコードを印刷することもお忘れなく。
※上記のQRコードはサンプルとしてのイメージ図です。

QRコードはこんな応用も!

特定のページ専用のQRコードも作れるので、例えば「このQRコードからアクセスした方専用クーポン」といったものもつくれます。どこからもリンクを貼っていないページをBiNDでつくり、そのURLのQRコードを作成するだけです。

パスワード付きのページもつくれる!

さらに、パスワードを入力しないと入れないページの作成や、会員限定サイト作成なども、BiND Serverではオプションとして提供されるので、応用範囲はそれこそアイディア次第でどこまででも広がります。

iPhoneへの対応も、もちろん自動で対応。

QR-iphone.png携帯だけじゃなく、iPhoneだって大丈夫。
iPhoneでアクセスした場合には、ケータイよりもよりリッチに表現されたサイトになります。見やすいようにiPhoneの横幅にピッタリなレイアウトになり、メニューなども折り畳んだ状態に。クリックするとiPhoneらしいアニメーションで快適なナビゲーションで閲覧できるようになります。



 

ウェブコンポーザーのための、専用サーバーを目指す

BiND Serverにはこの他にも、いろいろなサービスを追加していく予定です。
とにかく、コンセプトは「ウェブコンポーザーのための専用サーバー」です。
ウェブコンポーザーにとって大切なのは、技術に振り回されることではなくて、内容に集中すること。サイト全体をプロデュースできること。よりよいサイトづくりを目指すこと。
だからこそ、サーバーでできることも、徹底的に考え抜いていきたいと思っています。

例えば、ウェブコンポーザーなのに、サーバーのメンテナンスに四苦八苦しているって、「ウェブコンポーザーらしくない」。だから、BiND Serverは、メンテナンスフリー。24時間態勢、震度7の地震にも耐えるデータセンターで管理されています。有料プランでは、ウイルスチェックやスパムメールフィルタも搭載。さらにプログラムもできるウェブコンポーザーの方ならば、Perl、PHP、MySQLデータベース、共有SSLといったサーバーソフトウェアも使うことができます。

でも、大切なのは、そういうことじゃないと思うんです。

大切なのは、BiNDがあって、SYNCがあって、SiGNがあって、そしてBiND Serverがあるということ。
それらはシームレスに繋がるので、より内容に集中できるということ。
より素敵なウェブサイトを運営できるということ。

思いついたアイディアを、すぐにカタチにできること。
何もつっかかることなく、サイトの構想段階から運営、そして携帯サイトやクーポン、会員限定サイトといったものまでが、技術的なストレスなしで実現できる環境を手に入れるということ。

ストレスなく、あらゆることができるようになったからこそ、大切なのは、あなたのアイディア。
アイディアをすぐにカタチにできる環境が、これで整います。

さぁ、ここからが、ウェブコンポーザーの本当の出番です!
さぁみんな、本気を出す準備はOK???

BiND Serverに関する基本情報のまとめ

  1. BiND3には、BiND3専用サーバー「BiND Server」が標準でバンドルされているのが特徴です
  2. BiND3 スタンダード版は6ヶ月、プロフェッショナル版は24ヶ月、基本プランが月額0円で使えます
    • 基本プランは、9月25日から利用できます
    • 利用の開始は、BiND3の購入日やユーザー登録日ではなく、ご自分で利用開始日を決められます(具体的には、BiND3上からBiND Serverの登録を行った時点からとなります)。
    • 基本プランはサブドメインでの利用となり、ドメインは「ユーザー名.bindsite.jp」をお使いいただけます。
    • 例えばユーザー名が「digitalstage」だった場合のURLは「http://digitalstage.bindsite.jp」です。
    • 無料期間終了後の基本プランは、月額980円になる予定です(追加オプションを申し込んだ際には基本プランの料金は不要です。追加オプションの料金に基本プランの料金は含まれます)。
  3. 「BiND Server」には追加オプション(有料)があり、11月ごろに開始されます
  4. 追加オプション(有料)の目玉は、「モバイルサイト自動作成サービス(仮)」です。
    • ケータイサイトとiPhoneサイトが、BiNDからBiND Serverにアップロードした時点で自動的に完成するという、シンプルかつ便利なサービスです。
  5. 追加オプション(有料)には、そのほかにもいろいろなものが予定されています。
    • 独自ドメイン、メール、PHPやSQLなどの利用、パスワード付きの会員限定コーナーの作成、QRコードの生成、ウイルス・スパムフィルター など
    • BiNDという制作ソフトと、専用サーバーという組み合わせにより、ソフト単体ではできない画期的なサービスを開発していきます。
    • これらのオプションは個別に申し込む必要がないようにセットにして安価にご提供します。
  6. 追加オプション(有料)は、スタンダード版、プロフェッショナル版のどちらからでもお申込いただけるようになります(上記の機能は追加オプションなので、プロ版、スタンダード版、いずれの方もオプションをお申し込みいただくことで上記の全機能がエディションの違いに関係なく使えるようになります)。
  7. さらに詳細な情報は近日中に発表します。



それでは、BiND3リリースまであともう少し!
来週は、最後のベールに包まれていたSYNCの新バージョンの実際に動作している様子を動画でお見せします!さらに、Twitterなどとも連携する「クチコミ機能」の詳細についても、動作画面のデモを織り交ぜながら迫ります!

まだまだネタの尽きないBiND3、来週もどうぞお楽しみに!!


前回のエントリーはもう読みましたか?:【動画あり】BiND3の動作画面お見せします!!
前々回のエントリーはもう読みましたか?:『BiND、3年目のありがとう』平野友康
BiND3の速報サイトはもうご覧になりましたか?: http://www.digitalstage.jp/bind/bind3/

ワンクリック・アンケートにご協力ください
今回のような情報を今後も欲しいですか?今後のこのブログの運営方針の参考にします。
ぜひ投票をお願いします。

[ 今後も是非!(5点) ] [ あるに超したことない(3点) ] [ 必要ない(1点) ]
1068人が投票/平均的なご意見:3点 (5点がとても興味ある情報で1点が必要ない情報)


投稿者 : Tomoyasu Hirano


コメント (29)

BiND Serverの機能は嬉しいですね!!トレーラーで徘徊する私にとってモバイルサイトの自動構築は魅力です。何時もネット環境が有るとは限りませんので嬉しい次第です。長期キャラバンに使える携帯サイトの構築を計画していましたので非常に楽が出来そうです。これからの拡張機能が楽しみでもありわくわくしてきます!!

あすとろB

BiND Server楽しみです。追加オプションですが独自ドメインが使えるのはうれしい限りです。今もってるサイトを移設して管理したいですしね。できれば数制限あってもいいですからマルチドメイン対応にしてほしいところです。よろしくお願いしますっ!

中村

既に独自ドメインとホームページを持っているものとしては、サーバーを変える事自体がどうなるのか? と感じるものがあります。事実上、現在のドメインを捨てる事が必要になるケースもあるのではないかと心配する訳です。できれば、専用サーバーを使わない形での携帯対応が欲しかった所です。
【平野よりご回答:今まで他社のサーバで使っていたドメインも、できるだけ面倒な手続きなくBiND Serverで使える「ドメインお引っ越しカンタン設定サービス(仮)」をご用意しますので、よろしければご検討ください】

NAKAYOSHI

僕は独自ドメイン、メール、そしてパスワード付の機能が最高にうれしいです。利用開始が楽しみです☆

携帯で上のコードを読み込みました。これってもう携帯対応サーバーなんでしょうか?私の携帯はドコモもF-01Aですが、画像を完全に読み込めませんでした。テキストは問題なく入りますが。購入予約はしてますが、実際に使ってみないと実感出来ないかな。
【平野よりご回答:QRコードはあくまでイメージとして貼付けたものでしたので、補足の文章を付け足させていただきました。紛らわしくてスミマセン。】

宮原

BiND3に大いなる期待を寄せております。BiNDからBiND2とパッケージデザイン、機能などなど秀逸で使いやすいと感じております。しかし、はじめてBiNDを購入した際、その時点で専用サーバーをといった予告を見た記憶があり、今回も大変盛り上がっているようですが、その期待を裏切らないことを願っております。それから毎回思うのですが、プロモーションビデオをYouTubeにこだわる理由はあるのでしょうか?回線やこちらの環境の問題もあるかと思いますが、せっかくの動画が途中で途切れてしまい、非常にストレスを感じ最後まで見る気になれません。appleのサイトの解説ビデオなどは、問題なくスムーズに見れますが、プロのサイトとしてみると改善いただければとも思います。生意気な意見で恐縮ですが・・・。

★Q★

おぉーこれは素晴らしい♪「PCサイトを“自動的”に 携帯サイトに変換しちゃう」という携帯だけに、まさに“軽快な機能”ですね!しかも、この発売する土壇場まで隠していたところが、実にニクイ!うん。ホント、やられたーって感じです(笑)これからも、BINDの進化が楽しみです♪Q

mash

ほんの一週間ほど前からBiNDを使いはじめている新参者ですが、いいですねぇ〜BiNDは!しかも購入したときは無料アップグレードがついてるとは知らなかったものですからw何かとっても得した気分です。私はアフィリエイトをしているのですが、入り口となるサイトをBiNDで構築し、商品紹介はzen-cartを使って大量に商品登録しています。購入してからの1週間、全部で4サイトほど構築し直しました。今まで苦労して構築していたものが、BiNDならすぐにできあがってしまって・・・。まるで夢でも見ているようですw
BiND Serverも使ってみたいなぁと思いますね。オプションでアフィリエイトサイトも構築できるようなシステムがあったら尚更いいんですけどねぇ。BiNDでもアフィリサイトを構築はできるんでしょうけど、何せ商品数が多いもんで・・・。データベースと連携できてCSVファイルから一気に登録できたら最高なんですけどねw
すいません、贅沢すぎますよね。m(_ _)mこれからもBiNDを使って、自分のやりたいことを表現できたらと思っています。期待していますので、開発がんばってください!

平野さんがモバイル対応についてあえて口をつぐんでいたわけがわかりました(笑)。こんな、隠し球があったなんて!自動変換の精度というか実力がどの様なものか?実際に確かめられる日を楽しみに待っています。どこまでもユーザー目線で素晴らしいソリューションを実現しようと努力してくれるデジタルステージに期待します。
P.S.もちろんBind3はプロフェッショナル版を予約しました。

kagoshima

いや~モバイルサービス待ってました!超うれし~い。将来はモバイル用のIDもお願いします。笑

やっと念願のiPhone対応して下さってありがとうございます。本当にこれに対応するだけでサーバーは買いですね!

Bindの進化が素晴らしいと思います。非常にコンテンツを作るのが楽になりました。空いた時間が驚く程出来ましたので、食事がしっかり食べられます(笑)
携帯自動変換ですが、専用サーバーを使わない形での携帯対応が出来ると非常に嬉しいです。専用サーバーだから出来る事もありますので、今までの専用サーバー+Bindという組み合わせで携帯も自動変換できる(もしくは自動変換したデータを移動する)ようになりませんでしょうか?期待しています!

ミータ

プロフェッショナル版、予約しました。早くBinD3を使いたくてうずうずしております。テンプレートの大幅な追加、QRコードの張り付け、まだまだ明らかにされていない機能など、これからも楽しみです。正直BinD2を買ってから1年しか経っていなくて、まだまだ使いこなせていないので多少はもったいない気もしますが、BinD3を使って地元の商店街のホームページを作り、お得なクーポンを作ろうと思ってますので、今回のバージョンアップは非常にうれしいです。
それより、BinD2の機能はこれからも追加されていくんでしょうか?BinD3を予約してない、もしくは使う予定がない方にとってはそのへんが非常に気になるところではあるんですが・・・。例えばsync。お問い合わせフォームの追加項目はこれからも増えていくのでしょうか?
【平野よりご回答:BiND2も1年間はサポートしていきますので機能追加もあるかもしれません。追加項目は対応させたいと思っています】

あら~予約を早まった・・・^_^;
既にサーバーは確保しているので。スタンダードでOKと思っていましたがモバイル対応ならプロ版をチョイスするんだった。埋め込んだIDはPC上と同じ動きをすると思っていいんですよね?
【平野よりご回答:IDはPC用のFlashなのでそもそも携帯電話の通常のブラウザでは表示できませんのでご注意ください】

いや〜わくわくします。当日が待ち遠しいです。モバイル対応ほんとにうれしいです^^
欲を言えばサーバではなくて他でも使えたらよかったです。

すばらしいサービスですね。独自ドメイン、モバイルサイト自動作成サービスはすぐにでも利用したいです。

銀色イモムシ

携帯対応!この部分、実は凄く気になっていて”Bind3でも流石にそこまでは無理なのか…”と思っていたのです。もう、平謝りです!すみません!!現在の携帯サイトのように別口で頑張ってつくらなくて良いのは手間を省く意味でも本当にありがたいです!今の時代、携帯対応は当たり前ですからね…(汗)後、他にもチラホラ書かれているとおり独自ドメインを取得しているという方は多いはずです。移行も手軽に簡単に…!という平野さんのお言葉を信じ、Bind3が手元に届くのを楽しみにしています!

saiwan

Sync FOR WEBLiFEで示されたロードマップが何時完成を見るのか、そしてbirdcardに記載されていたinvitationがどんな内容なのか多くのユーザーが期待していると思います。頑張って下さい。追伸、ID ShiftBOXもすべて使いましたが、BiND3専用デザインテンプレート、もうちょっとプライスダウンできませんか?

斉藤

これは素晴らしい!私のサイトの購読者は、最近mobileが増えているので、助かります。BiND1の時から「SYNC」の名で専用サーバーができると言われ、ずっと肩すかしをくらっていた気分でしたが、ようやくBiND Serverができますね。
結局、BiND1,2と両方持ちながら、どのレンタルサーバーでやろうかと、始動しないまま宝の持ち腐れ状態だったので、これで始められそうです。SiGNもBiND2のが使い勝手が悪かったので、改善されて使えそうです。これからも応援しています。

rinrin

独自ドメインと、会員専用ページが作れる機能も欲しいです^^

追加オプションの中には、メール会員機能だったり、こちらからお知らせを配信できる機能はありますか?
【平野よりご回答:そういったオプションも現在検討中ですので参考にさせていただきます!】

BIND3は注文していますが、結局注文したのは、プロフェッショナル版でなぜかと言うとただ単に安かったからでした。そして他の機能だけでの注文で、今現在レンタルサーバーを使っているのでサーバーまでは、要らないなと言う感じでしたが・・・・オッとビックリ「なにモバイルサイト」これは願っても無い事で、モバイルの方も作らないとと、思っていた矢先でした。平野さん有難うございます。BIND3が届くのをわくわくしながら待っています。
これからも、開発を期待しています。

kitsuki

BIND2を愛用させていただいています。
携帯サイトの対応、ありがとうございます。BIND2を使っているときから、モバイルに対応してくれたら、本当に便利だなぁ、と思っていました。是非BIND3も使わせていただきたいと考えています。

ポパイ

素晴らしいです!欲を言うと、日本語ドメイン対応もよろしくお願いします!!
【ご回答:ドメインはすべてに対応します】

Macの家

オプションの価格がわかれば早めに教えてもらいたいですね。結構そそられる機能満載なのですが、月額料金が高ければ手が出ないので、できるだけリーズナブルな価格でお願いできないでしょうか。プロフェッショナル版は既に予約していますので。
【ご回答:あらゆるオプションをセットにして月額3000円以下を目指しています】

プロフェッショナル版、予約しました。楽しみに待っています。BiNDからBiND2へとデザインや機能などがとても使いやすく、ホームページを作る側のコンテンツ作成のセンスと能力が晒されてしまいそうで、・・・努力します。ますます、高機能になっていくのは嬉しいのですが、BiNDも使いこなせないうちに、BiND2になり、ようやく使えるようになったら、さらにBiND3にと、プログラムのサイクルが少し早いのではないかとも思います。もちろん利便性が高くなるのは歓迎なのですが、個人的に購入する方からすると、もう少しスパンがあってもいいのでは、とも感じています。それと、テンプレートが都会的で素敵なのですが、現実的に作成するものとの距離感を感じています。皆さんが楽に使用できるという点では、考慮をお願いしたいと思います。といっても、アップデートに関してもリーズナブルですし、何よりあればいいなと思っていた機能が付加されるのはデジタルステージさんの哲学・美学・経営努力に感心致します。これからも、頑張って下さい。いろいろなマックのホームページソフトを使用して、最後にたどり着いたのが、BiNDですから。

スタンダード版予約しました。モバイルが使えるのであればプロフェッショナル版にしていたのに…。残念です。最近のデジタルステージの皆様の意欲には驚くばかりです。健康管理だけはしっかりして下さいね。私はこれを機会にホームページの完成を目指したいと思います。次はIDの新しいものが出てきそうですね。期待しています。

Bind ユーザー

Bind Weblife 2ユーザーです。携帯サイトのテンプレートを待っていました。こういう形で実現できるんですね。楽しみにしています。

シャーマン

モバイルサイトの対応、感動です!!!
贅沢いうと、これにステップメールや
HTMLメールが送信できる機能があると、さらに最高☆
ほんと贅沢ですが・・・

コメントを投稿

※ コメントの表示は弊社側で認証を行った後で、順次公開していく予定です。投稿いただいたコメントがすべて表示されるわけではございませんのであらかじめご了承ください。
名前
メールアドレス
URL
コメント
(スタイル用のHTMLタグが使えます)

デジタルステージ公式 Twitterアカウント

Twitterボタン 代表・平野友康のつぶやきをリアルタイムでチェックできます。ぜひフォローください!


プロフィール

平野 友康株式会社デジタルステージ
代表

ひらの ともやす
平野 友康


デジタルステージ代表取締役。1974年生まれ。どこにもないソフトウェアを世に出すことを目指し10年。構想から開発まで自ら行っている。著書に、その独特な開発手法を綴った手記「旅する会社」(発行:アスキー)がある。また、オールナイトニッポン・金曜一部(ニッポン放送)のメインパーソナリティーの経験や、劇団第三舞台から独立した経歴から考えるに、デジタルよりはアナログの人。


旅する会社旅する会社
[発行元:アスキー]

デジタルステージ代表 平野友康のすごいソフトウェア開発
旅と合宿を通じてソフトウェアの開発をした4年間の軌跡を綴った一冊。

→ 詳しい情報               amazonで買う


DIGITALSTAGE x iPhone

僕らは近い将来、iPhoneやiPodTouch向けのアプリケーションの開発をするかもしれません。


RSS で更新情報を配信中

このページの更新情報はRSS で配信されています。お手持ちの RSS リーダに登録することで随時更新情報を取得できますので、ぜひご利用ください。

RSS


2014年3月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー別で並び替える


デジタルステージ・プロダクト

BiND for WebLiFE* 3

ID for WebLiFE* Plus

LiFE* with PhotoCinema 2 Plus

motion dive .tokyo


BiND × Movable Type

ご覧のページは試験的にBiNDとMovable Typeを組み合わせて作成・更新されています。カレンダーやRSS、トラックバック、アンケートを自動生成しています。

Movable Typeについて検索する

BiNDとMovable Typeの組み合わせ方法についてはBiNDの操作以外に高度な技術が必要となります。その為技術的な質問等には一切お答えできません。
ご了承ください。