デジタルステージ - 開発ブログ

DIGITALSTAGE Official Blog 開発BLOG

デジタルステージ・メールマガジン

バックナンバーはこちら

ジタルステージが仕掛ける「素敵なコト」、お知らせします。

デジタルステージ代表・平野のコラムをはじめ、新製品情報からアップグレードなどの重要なお知らせ、またプレゼントキャンペーンなどのお得情報、ときには公開前の非公開情報まで、デジタルステージの情報のすべてを最初にここから発信していきます。さあ、今すぐご登録ください!

   メールアドレス:

 

BiND3のCSS改造キット、開発中!


2009年09月17日 [ BiND CSS ]


みなさんこんにちは、デジタルステージ平野です。

さて、BiND3でのCSSカスタマイズについての最新情報をお届けします。

今、BiND3の新機能「テーマ機能」を応用し、Adobe Dreamweaver CS4と連携して、BiNDのCSSをカスタマイズするCSS改造キットの開発を行なっています。

この「CSSカスタマイズ」は、BiND上では設定できない(ようにしてある)項目を、Adobe Dreamweaver CS4を使うことにより、比較的手軽に改造できるようにする<裏技>です。
そのためのCSS改造キット(無償)を、BiND3発売とほぼ同時にリリースします。

実際にCSS改造キットを使っているときの画面はこんな風になります。
DreamweaverでCSSをカスタマイズしながら、BiND上でプレビューしている様子です。

なお、このCSS改造キットは、Adobe Dreamweaverをお持ちの方で、基本操作とCSSの基礎知識がある方を対象にしていますので、ご注意ください。また、CSS改造キットはアプリケーションやプラグインといった形式での提供ではなく、HTMLとCSS、ドキュメントなどが含まれる「ファイル」です。それらのファイルを指示に従って、BiNDの特定のフォルダに入れたり、Dreamweaverで開いたりすることにより、CSSの改造を行なうことができるようになります。

例えば、こんな項目がカスタマイズできるようになります。
http://www.digitalstage.jp/blog/sample_web/bind_css1/_developer/edit.html


で、何ができるかをもう一度まとめておくと・・・

(1)自作のブロックスキンやメニューがつくれる
(2)だから完全オリジナルのBiNDサイトのデザインがつくれる
(3)更新はBiNDでできる

ということになります。

基本的には、BiND単体でいろいろデザインができるので、誰にでも必要な機能というわけではありません。
でも、「あのスキンの色が違う!」とか「メニューのデザインをいじりたい!」というマニアックな要望もあるのも確かです。また、そうしたCSSのカスタマイズを希望される方のほとんどがDreamweaverも使っている方なので、Dreamweaverで改造できるようにしました。
3年目のBiNDですから、少数でも熱烈なリクエストにも応えたいと思って、無償提供することにしました。

なお、この改造キットを使ってつくったサイトの更新などは、BiNDを使って行なえます。
今までも、BiNDで作成したサイトはDreamweaverで開いて、Dreamweaverで改造することはできましたが、この場合の問題点は、BiNDの便利な更新機能などが一切使えなくなってしまうことでした。
今度の改造キットは、Dreamweaverでデザインをして、更新をBiND側で行なうので、BiNDが持つ良さを失わずにサイト運営を続けることができます。


これらの情報解禁は近日中に行ないますので、ドリ使いの方はどうぞお楽しみに!


平野より追加で補足:
「なぜ高価なDreamweaverが必要なのか?なぜBiND単体で対応しないのか?」という主旨のお問い合わせをいくつかいただいておりますが、この改造キット自体が「Dreamweaverで改造したい!」というユーザーの方からのリクエストにお応えした機能だということをご理解いただければと思います。そもそもBiND自体は細かいCSSの設定をしなくても良いソフトですので、「あえてやりたい」という方向けの改造キットだとも言えます。


ワンクリック・アンケートにご協力ください
今回のような情報を今後も欲しいですか?今後のこのブログの運営方針の参考にします。
ぜひ投票をお願いします。

[ 今後も是非!(5点) ] [ あるに超したことない(3点) ] [ 必要ない(1点) ]
1136人が投票/平均的なご意見:3点 (5点がとても興味ある情報で1点が必要ない情報)


投稿者 : Tomoyasu Hirano


コメント (10)

Dreamweaver以外でも改造したい。

chiffiy

いや〜。これを一番待ってました。ほんと素晴らしいです。やっぱりBIND使ってて良かった!!

DreamweaverでCSSカスタマイズが出来るのはいい。申し訳ないけれど、BiNDだとちょっとしたところで自分の思い通りに行かないところもあって結局BiNDオンリーで作成して納得するか、途中からDreamweaverに切り替えてしまっておりました。BiNDで更新が出来るならいいですよね。でも実際に自分で自分のお仕事試してみないと何とも言えないんですがね(すみませんです)。

ミータ

CSSは全く知らないので、正直使うことはないかな。
でもテンプレートが豊富だということで、そちらで満足することになると思います。

brainmaster

Bind2.5の時からDreamweaverで修正していたのですが、修正すると結局その後はDreamweaverになってしまい、Bindで作る意味がと言うことになり、最近は最初からDreamweaverになっていました。そのため、BindのサイトとDreamweaverのサイトが入り交じって、管理が大変になりどうしようか迷っていたのです。更新はBindで出来るのは良いですが、Bindだけで出来た方が便利ですね。そうすれば高いDreamweaverはいらなくなるのですばらしいことです。

IDが出た当初、DW&Fで頑張ってましたが・・・。
BIND3期待してます。

かなり惹かれます。DWで作りますが、テンプレート機能があっても、素人には使えないくらい難しいソフトだと思います。バインドならデザインがくずれるとか、統一性とか心配しないで更新を任せられそう!

Kent

DreamweaverでCSSを触ってもBindで管理できる機能を待ちに待っていました。大変助かります。あとひとつ知りたいのは、jQueryなどのJSライブラリを利用することができるかどうかです。つまり、htmlソースのheadとbodyにJSライブラリを利用するためのスクリプトを記述して、JSフォルダに目的のjsファイルを格納することができるのでしょうか?これをDreamweaver側で行えればOKです。ただ、その後、Bindで更新できるようでないと意味ないですが。
このことが可能であれば、自分的にはBindは最高に評価できます。
【平野よりご回答:ここまでの知識があるKentさんならば改造キットでJSライブラリを使うことは十分に可能だと思います】

hokuichi

知人のDreamweaver使いに今回Bind3を半ば強制的に購入させました。今まではDreamweaverを使う前にBind3を使えば良いと提案していましたが、今後は戻る事が出来るのは嬉しい限りです。Bind3を卒業してDreamweaverに入学するのは悔しいですので本当に嬉しく思います。当然Dreamweaverしかもっていない機能を使う場合にはBindに戻る事は出来ないと思いますがそれは当然です。BindとIDには制限の中で自由を発揮する姿勢を今後も維持して頂く事を熱望しています。制限があるからこそ誰でも自由を謳歌する事が出来ます。

ken

Bindは更新が楽なのがいいと思う。
デザインが自由にできないから、Dreamweaverで作ってしまったら、更新が便利というメリットがなくなってしまう。

そういう意味で、今回のキットは、とても期待している。

コメントを投稿

※ コメントの表示は弊社側で認証を行った後で、順次公開していく予定です。投稿いただいたコメントがすべて表示されるわけではございませんのであらかじめご了承ください。
名前
メールアドレス
URL
コメント
(スタイル用のHTMLタグが使えます)

デジタルステージ公式 Twitterアカウント

Twitterボタン 代表・平野友康のつぶやきをリアルタイムでチェックできます。ぜひフォローください!


プロフィール

平野 友康株式会社デジタルステージ
代表

ひらの ともやす
平野 友康


デジタルステージ代表取締役。1974年生まれ。どこにもないソフトウェアを世に出すことを目指し10年。構想から開発まで自ら行っている。著書に、その独特な開発手法を綴った手記「旅する会社」(発行:アスキー)がある。また、オールナイトニッポン・金曜一部(ニッポン放送)のメインパーソナリティーの経験や、劇団第三舞台から独立した経歴から考えるに、デジタルよりはアナログの人。


旅する会社旅する会社
[発行元:アスキー]

デジタルステージ代表 平野友康のすごいソフトウェア開発
旅と合宿を通じてソフトウェアの開発をした4年間の軌跡を綴った一冊。

→ 詳しい情報               amazonで買う


DIGITALSTAGE x iPhone

僕らは近い将来、iPhoneやiPodTouch向けのアプリケーションの開発をするかもしれません。


RSS で更新情報を配信中

このページの更新情報はRSS で配信されています。お手持ちの RSS リーダに登録することで随時更新情報を取得できますので、ぜひご利用ください。

RSS


2014年3月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー別で並び替える


デジタルステージ・プロダクト

BiND for WebLiFE* 3

ID for WebLiFE* Plus

LiFE* with PhotoCinema 2 Plus

motion dive .tokyo


BiND × Movable Type

ご覧のページは試験的にBiNDとMovable Typeを組み合わせて作成・更新されています。カレンダーやRSS、トラックバック、アンケートを自動生成しています。

Movable Typeについて検索する

BiNDとMovable Typeの組み合わせ方法についてはBiNDの操作以外に高度な技術が必要となります。その為技術的な質問等には一切お答えできません。
ご了承ください。