デジタルステージ - 開発ブログ

DIGITALSTAGE Official Blog 開発BLOG

デジタルステージ・メールマガジン

バックナンバーはこちら

ジタルステージが仕掛ける「素敵なコト」、お知らせします。

デジタルステージ代表・平野のコラムをはじめ、新製品情報からアップグレードなどの重要なお知らせ、またプレゼントキャンペーンなどのお得情報、ときには公開前の非公開情報まで、デジタルステージの情報のすべてを最初にここから発信していきます。さあ、今すぐご登録ください!

   メールアドレス:

 

BiND3リリースノート〜良いデザインはあなたの強い味方になる〜


2009年09月24日 [ BiND for WebLiFE* ]


こんにちは、デジタルステージ平野です!

さて、いよいよ明日に迫ったBiND3のリリース。
今回のバージョンアップのテーマは「デザイン」。
今日はもう一度、この「デザイン」ということについて、僕らデジタルステージの考えをまとめておこうと思います。

グッドデザインなウェブをつくろう。

僕らがBiND3をつくりたかった一番の理由。

それは、例えば僕らデジタルステージのような10〜20名ぐらいの小さな会社やグループが、自分たちの手で良いウェブサイトが作れるようにしたかったからです。

大きな会社は予算もいっぱいあるから一流のプロに頼めます。
・・・でも僕たちは??

実は小さな会社こそウェブを最大限に活用したいのに、そこに立ちはだかる「技術力」と「ウェブデザイン」の壁。
その壁を取り除くために生まれたのがBiNDです。

今までならば「ホームページっぽい体裁を整えるだけで精一杯だった」という方も多かったと思います。
でもBiNDなら大丈夫。
誰でもサイトがつくれる「おまかせ機能」からはじまり、BiNDを使うことで「今までやりたかったけどできなかったこと」が出来るようになります。

そしてBiNDの操作に慣れた頃、余った時間で「編集会議」をしてみてください。
技術的なことに縛られずに内容について話し合い、今後のアイディアを仲間と話し合ってみませんか?
そうしたら見た目だけではなく、内容も良いサイトに成長させることができるはずです。

そう、BiNDにはそうした「余裕」が生まれる良さもあるんです。


良いデザインは、あなたの強い味方になる。

小さな会社が目立つためには、アイディアとデザインしかありません。

あなたがBiNDでつくったウェブサイトのデザインが良ければ「それだけで周囲の人の目を惹いちゃう!」ってこと、それが「デザインで勝つ」ということだと思うんです。

そう、デザインの力は強い!
デザインが良ければ注目される!

だからこそBiND3では、プロのデザイナーが見ても唸るハイクオリティーなテンプレートを多数収録。さらにバンドルされた画像加工ソフト「SiGN」では、あなたがプロ顔負けの画像をつくれるように機能強化しました。

大企業に負けないデザインを、あなたの手でカタチにすること。

例えば、日本中の小さな会社が素敵なデザインのウェブサイトを持てば、それぞれの一日の問い合わせ数が2件から10件に増えるかもしれない。月商ウン億円の大きな会社からしたら、2件だの10件だのゼロに等しいでしょうけど、僕らにとってはめちゃくちゃ大事!
だって、5倍ですもん!!

例えば、そんなことが「デザイン」にはできる。
そう考えてみると、デザインの可能性は無限大にも思えてきます。
その力を手に入れてください。

そう、良いデザインは、あなたの強い味方になります。
そのためのBiND3なのですから。



ワンクリック・アンケートにご協力ください
今回のような情報を今後も欲しいですか?今後のこのブログの運営方針の参考にします。
ぜひ投票をお願いします。

[ 今後も是非!(5点) ] [ あるに超したことない(3点) ] [ 必要ない(1点) ]
1200人が投票/平均的なご意見:3点 (5点がとても興味ある情報で1点が必要ない情報)


投稿者 : Tomoyasu Hirano


コメント (10)

Macの家

BiND3が届くの楽しみです。今回こそはHP完成させるぞ。

jun

bindで作ると、何処かbindくささが漂う。その時には、css改造キットで自分好みに触りまくろう。そんなbind3の開発姿勢賛成です。25日が楽しみです。

㈱M+MJcorporation。

平野社長の会社を起業された想いを拝読させていただき、とても熱い気持ちになりました。私は3ヵ月前までパソコンを触るのが怖い人間で、P.Cアレルギーの持ち主でした。しかし起業するに当たり、否応なしにP.Cと向き合わなければならず、まず、自分のホームページを作ってみようと、ヨドカメにソフトを見に行きました。説明を聞いても、読んでみてもどれも同じような気がしていたのですが、まずグリーンの箱のデザインが気に入り、即購入!家に帰って開けてみると細かなところまで可愛くデザインされていてますます気に入ってしまいました。このソフトを作った人たちの作品に対する愛情が伝わってきたように思えたのです。H.Pも意外と簡単に作れたので、ソフトのおかげだと思っています。それから2カ月後、会社のH.pを作成する際、東京のある企業の社長さんと打ち合わせ中に、ひょんな事から平野社長とお知り合いだということがわかり、その場に居合わせたメンバーで不思議なテンションになったのを覚えています。私は長年個人で仕事をしてきて、今年の6月にある想いからステップアップしようと起業いたしました。平野社長の想いを拝読させていただいて、とても勉強になっております。ありがとうございます。これからも一ファンとして応援しています。

jun

Bind届きました。
さっそく触りました。
まずは、動作の軽さに驚きました。
ときどき???の場面有り。それが後の楽しみと思えば、なんだか触っていて嬉しくなりました。久しぶりに、じっくり取り組めそうなソフトに出会いました。ありがとう、平野社長!!スタッフの皆さん。開発、本当にご苦労さんでした。これからも、ユーザーの意見をくみ取り、もっとBindを育ててやってください。

taku

Bind3いよいよ発売しましたね。
実は、Bind2を購入してからすぐにBind3の発表があり、無料アップグレードキャンペーン対象期間だったのでせっかくだからとHP作成を待っていました。

まだ仕事場なので、家に帰ってから早速ダウンロードしてBind3を楽しみたいと思います。

BiND3が届き、わからないことがあったのでサイトで調べようとしたら、デジタルステージのサイトが激重すぎてつながらず。何時間待ってもつながらない。
これって毎回なんだよね。Ver2の時もこうだった。
正直テンション下がるよ。鯖どうにかしてくれませんか?

【平野よりご回答:大変申し訳ありません。BiNDサーバーのサービス開始を機に、オフィシャルサイトのサーバーも同じ高速サーバーに移行しようと計画中です。今年中にはもうご迷惑をおかけしない体制に移行できると思っております。もうしばらくお待ちくださいませ】

BIND3にBIND2のサイトデータを流し込んで色々とイジワルしてますけど、今回の3はタフになりました。今の所2であったようなフリーズ等ありません、快適です。自動保存モードも全く気にならない速さ。デザインを一気に変えてみたら雰囲気ががらりと変わりました。新Ajaxも素早く表示されています。ちなみにwinXPメディアセンターエディションです。
ただ、BIND2で使えていた動画のタグとAjaxの拡大表示だけが相性で3で表現出来ないのは残念です。
★動画はzoomeから持って来ていました
http://www.zoome.jp/

SAKURA

今日もBiND使ってます!
以前の初代BiNDとは大きく変わってとても軽い動きをするし、とても使いやすいです♪
これは買ってよかったなぁ~と思っています(^^

しかもSiGN2もちょっとずつ触ってますが、色々出来てとても幅が広がりそうだなと思ってます。

今日、友だちが家に来たのでBiND3の画面見せて、サイトがこんな風に作れるものを買ったんだよって言ったら、画面を見てとても驚いてましたw

ひたすらすごーいと連呼してました♪
一緒に音楽活動をし始めた仲間なので、これから公式サイト作るのに重宝しそうです!

ただ、画像パーツと複数画像パーツが上手く動かないのが残念でした・・・orz
早期調査を期待しています!!!

jun-suke

今までIDだったので今回初めてバインドを購入したのですが、チュートリアルビデオが少なくないですか?
たしか友達にバインド2を見せてもらった時は
ホームページの作成方法がチュートリアルでわかりやすく解説されていたように思うのですが・・・

やはりある程度のマニュアルは同梱して欲しいですね。
毎回なのでスタンスなのはわかりますが、
今回のブックレットをつけるぐらいならば、
ちゃんとしたマニュアルが欲しいです。

オンラインマニュアルは、目が疲れて読む気になりませんし・・・。

こんなソフトを待っていました。DreamWeaverを使って自前でサイトを制作していたのですが、やはりプロのデザイナーの作るサイトにはかなわず、「同じソフトを使ってもやっぱり見劣りするな~」と感じていたところ、このBindに出会いパラダイムが完全にひっくり返りました。


パッケージを開ける瞬間、まるでガンプラを開ける時のようなわくわく感を感じました。クイック・スタート・ガイドもプラモデルの設計図のようで楽しめます。


何よりスタッフの方々が楽しんでこの仕事をやってるって感じがビンビンと伝わってきます。久々の高揚感です。

コメントを投稿

※ コメントの表示は弊社側で認証を行った後で、順次公開していく予定です。投稿いただいたコメントがすべて表示されるわけではございませんのであらかじめご了承ください。
名前
メールアドレス
URL
コメント
(スタイル用のHTMLタグが使えます)

デジタルステージ公式 Twitterアカウント

Twitterボタン 代表・平野友康のつぶやきをリアルタイムでチェックできます。ぜひフォローください!


プロフィール

平野 友康株式会社デジタルステージ
代表

ひらの ともやす
平野 友康


デジタルステージ代表取締役。1974年生まれ。どこにもないソフトウェアを世に出すことを目指し10年。構想から開発まで自ら行っている。著書に、その独特な開発手法を綴った手記「旅する会社」(発行:アスキー)がある。また、オールナイトニッポン・金曜一部(ニッポン放送)のメインパーソナリティーの経験や、劇団第三舞台から独立した経歴から考えるに、デジタルよりはアナログの人。


旅する会社旅する会社
[発行元:アスキー]

デジタルステージ代表 平野友康のすごいソフトウェア開発
旅と合宿を通じてソフトウェアの開発をした4年間の軌跡を綴った一冊。

→ 詳しい情報               amazonで買う


DIGITALSTAGE x iPhone

僕らは近い将来、iPhoneやiPodTouch向けのアプリケーションの開発をするかもしれません。


RSS で更新情報を配信中

このページの更新情報はRSS で配信されています。お手持ちの RSS リーダに登録することで随時更新情報を取得できますので、ぜひご利用ください。

RSS


2014年4月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー別で並び替える


デジタルステージ・プロダクト

BiND for WebLiFE* 3

ID for WebLiFE* Plus

LiFE* with PhotoCinema 2 Plus

motion dive .tokyo


BiND × Movable Type

ご覧のページは試験的にBiNDとMovable Typeを組み合わせて作成・更新されています。カレンダーやRSS、トラックバック、アンケートを自動生成しています。

Movable Typeについて検索する

BiNDとMovable Typeの組み合わせ方法についてはBiNDの操作以外に高度な技術が必要となります。その為技術的な質問等には一切お答えできません。
ご了承ください。