デジタルステージ - 開発ブログ

DIGITALSTAGE Official Blog 開発BLOG

デジタルステージ・メールマガジン

バックナンバーはこちら

ジタルステージが仕掛ける「素敵なコト」、お知らせします。

デジタルステージ代表・平野のコラムをはじめ、新製品情報からアップグレードなどの重要なお知らせ、またプレゼントキャンペーンなどのお得情報、ときには公開前の非公開情報まで、デジタルステージの情報のすべてを最初にここから発信していきます。さあ、今すぐご登録ください!

   メールアドレス:

 

写真家の桐島ローランドさんとラジオで対談しました


2009年10月22日 [ お知らせ ]


デジタルステージ平野です。

明日、10月24日の午後8時から、関東のラジオ局「J-wave」に出演することになりました!
J-waveが聴ける方、是非エアチェックを!!

平野友康×桐島ローランド 写真とデジタルの明るい未来?
http://www.j-wave.co.jp/original/crossoverjam/


僕は昔、「平野友康のオールナイトニッポン」っていう番組をやっていたんですが、それからもう何年経ったんだろう・・・いやぁ、久しぶりのラジオ出演です。

出演したのは、「LEVI’S Crossover Jam」という番組。
番組のコンセプトは『ジャンルの垣根を超えたふたりのクリエイターが対談し、ふたつのクリエイティブ・マインドがクロスオーバーしながら現代のカルチャーのREALを語る』とのこと。

そんな番組、明日は僕、平野友康と、写真家の桐島ローランドさんの二人の対談です!

実はすでに収録が終わっていて、オンエアを待つだけなんですが、さてさて、桐島さん。
テレビ(「世界ふしぎ発見!」など)の出演も多いので、みなさんご存知の方、多いと思います。
僕は以前から「かっこええなぁ〜」と注目していたクリエイターの一人だったので、僕から対談をラブコール。実現してとても嬉しかったんです。


桐島さんは写真家なので、話題はもちろんフォトシネマも絡めた写真の話が中心。
他にも父親の先輩として、子育てとモノづくりについて聞いてみたり・・・。
普段、先輩と話す機会も減ってきたので、なんか、ちょっとだけ先を行くローランドさんとの話は、とても新鮮で面白かったです。


一緒に話をしている中で、僕がとても印象に残ったことは、桐島さんが「努力」という言葉を何度も言っていたことでした。

良い写真を撮るには、良い光があたる場所にモデルさんや被写体を移動させないといけないし、良い光と良い構図になるように、自分も動かないといけない。手間を惜しんじゃいけないし、良い写真を撮るのに必要なのは、そうした努力を惜しまないことなんだよね。

・・・さらっと、言う訳です。

なんだか、ちょっぴり、テレビで見かけるローランドさんのイメージとは違う、とても真摯な姿勢が感じられました。う〜ん、なんていうか、「努力」をとても大切にしているっていうのかな、うまく言えないけど、「あ、この人の生きる姿勢の中で、これがとても大事なことなんだ」ということが分かりました。

普通、もうちょっとカッコつけたことを言う人が多いと思うんですが、センパイ、さすがです。
とても物事に対して、真面目な方なのだということが分かりました。見習いたい。


もうひとつ、印象に残ったこと。
それは、僕の質問への答えでした。

「桐島さん、子供が生まれて、モノづくりとかクリエイティブについての考え方や姿勢って、やっぱり変わりました??」って聞いたんです。
当然、何かしら変わっただろうと(二人のお子さんがいらっしゃいます)。

そしたら、「それで変わっちゃ、ダメじゃない?」みたいなことを、またもや「さらっと」言われてしまったんです。
僕は、「アチャ!」と、ちょっと赤ら顔です。
そっかぁ、子供が生まれていろいろ考えることや、心境の変化とかはあるにせよ、それで劇的に仕事に対する姿勢とかが変わっちゃうぐらいだったら、それまでの仕事が所詮、それぐらいの浅さってことか・・・。

ローランドさんの意図がどうであったかはともかく、僕はそう受け取って、「ハッ!」っとして、ちょっぴり、恥ずかしかった。

ね?
すべての答えが、とても真摯なんですよね。

とにもかくにも、そんな姿勢のセンパイがいるんだと知ることで、僕は「これからも良い大人になりたいな」と思ったし、本当にこの対談が実現してよかったと思ったのでした。


おまけ。

収録が終わったあと、お茶に誘われました。
そこでローランドさんがこれからやりたいプロジェクトについての話を伺いました。
僕も面白そうなプロジェクトだなぁ〜、参加したいなぁ〜と思いながら、あれやこれ、いろいろ構想を聴いたりしていたんですが、その間、終止「こういうことをやったら楽しそうじゃない??」とキラキラして話してくれるわけです。

うーん、かっこいいぜ。

でも、最後にひとつだけ言わせてもらえるなら、桐島ローランドさんは、『オタク』ですヨ。
Macはもちろん、いろいろな機材についても、超〜詳しい!プロカメラマンだから知っている域を遥かに超えてます(笑)。

ラジオでは全部カットされているでしょうけど、僕は彼がオタクだということを知ってます(^^。


では、J-waveが入る地域の方は、明日の土曜日、夜8時から1時間、聴いてくださいね!!


番組名:LEVI’S Crossover Jam http://www.j-wave.co.jp/original/crossoverjam/

ジャンルの垣根を超えたふたりのクリエイターが対談し、ふたつのクリエイティブ・マインドがクロスオーバーしながら現代のカルチャーのREALを語る番組

放送日時:10月24日(土) 20:00~20:54

出演者 :ナビゲーター:ROmy/サウンドディレクター:沖野修也
     対談ゲスト:平野友康×桐島ローランド



ワンクリック・アンケートにご協力ください
今回のような情報を今後も欲しいですか?今後のこのブログの運営方針の参考にします。
ぜひ投票をお願いします。

[ 今後も是非!(5点) ] [ あるに超したことない(3点) ] [ 必要ない(1点) ]
1420人が投票/平均的なご意見:3点 (5点がとても興味ある情報で1点が必要ない情報)


投稿者 : Tomoyasu Hirano


コメント (1)

TIGA

radio聞きたいですね、、

大阪なんで方法を色々調べましたが
今日中には無理なようです。

ネットの方は土日は放送してないようで
CSや有線は今日中には取り付けれません、、

埼玉の友人に’ラジをを録音して’と頼みましたが
機材などがアルかどうか、、たぶんむりかも

ポッドキャストで流して欲しいです (-_-)゚゚

コメントを投稿

※ コメントの表示は弊社側で認証を行った後で、順次公開していく予定です。投稿いただいたコメントがすべて表示されるわけではございませんのであらかじめご了承ください。
名前
メールアドレス
URL
コメント
(スタイル用のHTMLタグが使えます)

デジタルステージ公式 Twitterアカウント

Twitterボタン 代表・平野友康のつぶやきをリアルタイムでチェックできます。ぜひフォローください!


プロフィール

平野 友康株式会社デジタルステージ
代表

ひらの ともやす
平野 友康


デジタルステージ代表取締役。1974年生まれ。どこにもないソフトウェアを世に出すことを目指し10年。構想から開発まで自ら行っている。著書に、その独特な開発手法を綴った手記「旅する会社」(発行:アスキー)がある。また、オールナイトニッポン・金曜一部(ニッポン放送)のメインパーソナリティーの経験や、劇団第三舞台から独立した経歴から考えるに、デジタルよりはアナログの人。


旅する会社旅する会社
[発行元:アスキー]

デジタルステージ代表 平野友康のすごいソフトウェア開発
旅と合宿を通じてソフトウェアの開発をした4年間の軌跡を綴った一冊。

→ 詳しい情報               amazonで買う


DIGITALSTAGE x iPhone

僕らは近い将来、iPhoneやiPodTouch向けのアプリケーションの開発をするかもしれません。


RSS で更新情報を配信中

このページの更新情報はRSS で配信されています。お手持ちの RSS リーダに登録することで随時更新情報を取得できますので、ぜひご利用ください。

RSS


2014年3月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー別で並び替える


デジタルステージ・プロダクト

BiND for WebLiFE* 3

ID for WebLiFE* Plus

LiFE* with PhotoCinema 2 Plus

motion dive .tokyo


BiND × Movable Type

ご覧のページは試験的にBiNDとMovable Typeを組み合わせて作成・更新されています。カレンダーやRSS、トラックバック、アンケートを自動生成しています。

Movable Typeについて検索する

BiNDとMovable Typeの組み合わせ方法についてはBiNDの操作以外に高度な技術が必要となります。その為技術的な質問等には一切お答えできません。
ご了承ください。