デジタルステージ - 開発ブログ

DIGITALSTAGE Official Blog 開発BLOG

デジタルステージ・メールマガジン

バックナンバーはこちら

ジタルステージが仕掛ける「素敵なコト」、お知らせします。

デジタルステージ代表・平野のコラムをはじめ、新製品情報からアップグレードなどの重要なお知らせ、またプレゼントキャンペーンなどのお得情報、ときには公開前の非公開情報まで、デジタルステージの情報のすべてを最初にここから発信していきます。さあ、今すぐご登録ください!

   メールアドレス:

 

【動画あり】CSS改造キットの使い方ビデオ


2009年12月17日 [ BiND for WebLiFE* ]


BiNDユーザーのみなさん、こんにちは。デジタルステージ平野です。

さて、今日のエントリーでは、先日リリースされたBiND3用のCSS改造キット(テーマ改造キット)の使い方についてのビデオチュートリアルをご紹介します。

このCSS改造キット、どういうものかというと、BiND単体では設定できない細かなCSSの設定をAdobe Dreamweaver上で行い、編集、更新はBiNDで行えるというものです。
多くのBiNDユーザーのみなさんには不要なものかもしれませんが、一部のユーザーさんにはものすご〜〜く使えるキットだと思います。

下の図のような感じで、DreamweaverとBiNDを同時に起動して連携させることができますよ。

左がDreamweaver、右がBiNDです。
Dreamweaverで細かい設定をしたら、すぐに右のBiNDにも反映される様子は、ビデオの後編で実際にご覧いただけます。

では、さっそくビデオをみていくことにしましょう!

BiND3のCSS関連のエントリーはもう読みましたか?:
【CSS関連ページ一覧】 http://www.digitalstage.jp/blog/bind_css.html
CSS改造キットのダウンロードはこちら: 『BiND3・テーマ改造キットをダウンロードする』

CSS改造キットの使い方ビデオ(前編)


まずは準備をしましょう!


このビデオでは?


  • ダウンロードしたファイルの中身について学びます
  • CSS改造キットの対象者や必要なソフトについて学びます
  • CSS改造キットでできることについて学びます


    CSS改造キットの使い方ビデオ(後編)


    それでは実際に改造してみましょう!


    このビデオでは?


  • CSS改造キットをBiND3にインストールします
  • サイト設定の方法について学びます
  • Dreamweaverの使い方とBiNDとの連携について実践します
  • ブロックエディタの設定とルールについて学びます

    もっと学びたい方は?


    さて、いかがでしたか?

    実はこのCSS改造キット、もっと奥が深いんです。

    同梱されているPDFをきちんと読みながら、ファイルの構成などを確認していけば、JavaScriptの改造や、テーマ自体を第三者に配布する形式にすることなどもできるようになります。

    そこらへんも必要に応じてビデオチュートリアルにしていきますが、まずは今回は初歩ということでお伝えしました!

    是非実践してみてください!!!

    ワンクリック・アンケートにご協力ください
    今回のような情報を今後も欲しいですか?今後のこのブログの運営方針の参考にします。
    ぜひ投票をお願いします。

    [ 今後も是非!(5点) ] [ あるに超したことない(3点) ] [ 必要ない(1点) ]
    1526人が投票/平均的なご意見:3点 (5点がとても興味ある情報で1点が必要ない情報)


    投稿者 : ブログ管理者


  • コメント (0)

    コメントを投稿

    ※ コメントの表示は弊社側で認証を行った後で、順次公開していく予定です。投稿いただいたコメントがすべて表示されるわけではございませんのであらかじめご了承ください。
    名前
    メールアドレス
    URL
    コメント
    (スタイル用のHTMLタグが使えます)

    デジタルステージ公式 Twitterアカウント

    Twitterボタン 代表・平野友康のつぶやきをリアルタイムでチェックできます。ぜひフォローください!


    プロフィール

    平野 友康株式会社デジタルステージ
    代表

    ひらの ともやす
    平野 友康


    デジタルステージ代表取締役。1974年生まれ。どこにもないソフトウェアを世に出すことを目指し10年。構想から開発まで自ら行っている。著書に、その独特な開発手法を綴った手記「旅する会社」(発行:アスキー)がある。また、オールナイトニッポン・金曜一部(ニッポン放送)のメインパーソナリティーの経験や、劇団第三舞台から独立した経歴から考えるに、デジタルよりはアナログの人。


    旅する会社旅する会社
    [発行元:アスキー]

    デジタルステージ代表 平野友康のすごいソフトウェア開発
    旅と合宿を通じてソフトウェアの開発をした4年間の軌跡を綴った一冊。

    → 詳しい情報               amazonで買う


    DIGITALSTAGE x iPhone

    僕らは近い将来、iPhoneやiPodTouch向けのアプリケーションの開発をするかもしれません。


    RSS で更新情報を配信中

    このページの更新情報はRSS で配信されています。お手持ちの RSS リーダに登録することで随時更新情報を取得できますので、ぜひご利用ください。

    RSS


    2014年4月
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30      

    カテゴリー別で並び替える


    デジタルステージ・プロダクト

    BiND for WebLiFE* 3

    ID for WebLiFE* Plus

    LiFE* with PhotoCinema 2 Plus

    motion dive .tokyo


    BiND × Movable Type

    ご覧のページは試験的にBiNDとMovable Typeを組み合わせて作成・更新されています。カレンダーやRSS、トラックバック、アンケートを自動生成しています。

    Movable Typeについて検索する

    BiNDとMovable Typeの組み合わせ方法についてはBiNDの操作以外に高度な技術が必要となります。その為技術的な質問等には一切お答えできません。
    ご了承ください。