エディトル編 / デジタルステージ監修
 

 レスポンシブWeb対応  最新BiNDの使い方を徹底解説

BiND for WebLiFE*9/BiNDクラウド 公式ガイドブック

新ブログ機能をはじめ、ショッピングサイトやフォームの設定方法から スマホサイトに自動で最適化するレスポンシブWebの作り方まで網羅。 BiNDを使いこなしたい人のための第一歩にふさわしい易しい解説書です。

この一冊でBiNDのサイト作りの基本がマスターできる

最新バージョンのBiND9とBiNDクラウドに対応した公式ガイドブック。 簡単にスマホ対応サイトになるレスポンシブWebの作り方はもちろん、 サイトの更新が簡単に行えるブログ機能の実装まで、最新機能の使い方を網羅。 Webサイト作りにおいて最低限に必要なステップを細かく解説します。 初心者でも理解できる、BiNDの基本をしっかりマスターしましょう。

「BiNDの教科書」を立ち読みする

書籍目次

  • BiNDを使って本書でできること P.2
  • BiNDの基本コンセプト P.10
  • コンテンツ管理システムが取り入れられたBiND P.12
  • Webのトレンドとレスポンシブ・デザイン P.14
  • Webページの構造とBiNDの仕組み P.16
  • BiND9とBiNDクラウドについて P.18
  • オンラインストレージに対応したBiNDの利点 P.20
  • [COLUMN]サイトデータの書き出し/読み込み方法 P.22
  • BiNDで実際にWebサイトを作る P.24
  • BiNDのユーザーインターフェース P.38
  • ブロックエディタのモードを理解する P.64
  • スマートブロックで記事を追加する P.66
  • ブロックを追加してアルバムページを作る P.68
  • グローバルメニューをページに追加 P.70
  • Webページに動画を組み込む P.72
  • [COLUMN]上級者ならリソースエディタで 高度なカスタマイズ P.74
  • 画像にリンクやロールオーバーを設定する P.76
  • リンクパーツとアンカーの追加 P.78
  • テキストからリンクボタンを作成 P.80
  • テーブルパーツ・エディタで表組みを配置する P.82
  • アイコンフォントを文中に挿入する P.84
  • ブロックやページを複製して流用する P.86
  • テキストと組み合わせたスライドショーを作る P.88
  • タイトルバーに名前を表示させる P.91
  • アニメーションで動きのあるページを作成 P.92
  • レスポンシブWebサイトをカスタマイズする P.94
  • ブランクサイトを作成してDressを適用する P.98
  • Dressのさまざまな使い方 P.100
  • [COLUMN]旧形式のテンプレートをレスポンシブに変換する P.104
  • Instagramと連携する写真アルバムを作成する P.106
  • ブロックエディタで動きのあるメニューを作成する P.108
  • メニューを固定表示させる3つの方法 P.110
  • ブロックエディタで余白を細かく調整 P.114
  • [COLUMN]テキストスタイルの変更 P.115
  • SYNCの仕組みを知る P.116
  • SYNCでページに地図を組み込む P.118
  • SYNCでFacebookの「いいね!」ボタンを組み込む P.120
  • Webフォントを使ってページをデザインする P.122
  • [COLUMN]Webフォントで使える書体 P.124
  • SiGN Proの基本を理解する P.126
  • 新規に画像を追加して編集する P.128
  • フォントを選んでタイトルロゴを作る P.130
  • [COLUMN][COLUMN] SiGN Proで利用可能な書体 P.133
  • 「シェイプ」レイヤーでバナーを作る P.134
  • 「スタンプ」を使って図形を配置する P.138
  • レイヤーを重ねて凝った画像を作る P.140
  • エフェクトの使い方をマスターする P.142
  • 画像を形式を変えて保存する P.144
  • [COLUMN][COLUMN] Webページの画像データついて P.146
  • スマホからも更新可能なブログをWebに組み込む P.148
  • 安全で高性能なフォームをSmooth Contactで作成する P.152
  • ショッピングカートをサイトに組み込む P.158
  • BiNDカートで受注内容を確認する P.164
  • サーバーで独自ドメインを設定する P.166
  • [COLUMN][COLUMN] WordPressとFacebook向けテンプレート P.168
  • 検索エンジンに検知される情報を設定する P.170
  • Webサイトへのアクセスを解析する P.172
  • Google Search Consoleでサイト の解析を行う P.176
  • コーナーを作ってディレクトリを管理する P.178
  • ページの自動転送を設定する P.180
  • Basic認証で簡易パスワードを設定する P.181
  • BiNDクラウドとWebLiFE*サーバーのコントロールパネル P.184
  • 索引 P.186

 

書籍概要

 

あらゆるWeb作りの基礎がわかる
BiNDの教科書

BiND9・BiNDクラウド対応版

エディトル 編
株式会社デジタルステージ 監修
A5判/192ページ
定価:本体2,200円(2,376円/税込)
発行:株式会社デジタルステージ

 
送料無料でお届け!

今すぐ購入する
 

お支払い方法/送料・代引手数料無料

※書籍単体で購入される場合は、ヤマト運輸「ネコポス」で発送いたします。ポスト投函となりますので、予めご了承ください。
※当書籍は、DSストア限定商品です。一般書店やAmazonでの販売は行っておりません。

ソフトと一緒に買うとお得!

BiND本体に公式ガイドブックがセットになった、とってもお得なセット。
これ一冊でBiNDの基本操作から応用までをサポートしているので、初心者の方も

最小限の機能で楽しみたい方へ

スタンダード版

通常価格 ¥20,800[税別]
パッケージ版 《解説本付き》を購入
¥19,800[税別]

Mac版を購入
Windows版を購入

追加テンプレやフォームサービス1年無料特典付

プロフェッショナル版

通常合計価格 ¥30,800 [税別]
パッケージ版 《解説本付き》を購入
¥28,800[税別]

Mac版を購入
Windows版を購入

OS問わず、複数台で使いたい方へ

クロスプラットフォーム版

通常合計価格 ¥40,800[税別]
パッケージ版 《解説本付き》を購入
¥35,800[税別]

パッケージ版を購入
〈Mac+Windows〉