LiFECODE

ブログ「ライフコード」について

このブログの名前は「LiFECODE」と言います。このタイトルは、将来、僕が撮ってみたい映画のタイトルでもあります。ライフは生命でもあり、人生という意味もあります。そしてコードは、音楽のコードと、プログラミングのコード。生命や人と人との人生がコードを奏でて、それが何かひとつの流れとなって、僕らの目の前に立ち上がってくる・・・。僕はそんな<ヒトとコトの物語>を、映像や文章で紡いでいきたいと思っているのです。そういう映画をつくることが、僕のひとつの夢なんです。

その映画作りの前にこのブログでは、ヒト、モノ、コトづくりの3つを中心に、人が生きることの本質を探してみたいと思っています。それを表現してみたい。そして311以降、僕らは大きな転換期を迎えています。何が正しくて、何を信じたら良いのか分からない今。でも、すべては結局、人と人ですよね?僕はこのブログを通じて、LiFECODEの断片を見つけて、ひとつひとつを繋げて、ひとつの物語に変えていきたいと思っています。 ── 平野友康

いままでのLiFECODE

オープンフェイス開発、はじめました。

これからのデジタルステージは、開発者の顔が見える開発手法、
その名も『オープンフェイス開発』を推進していきます!

それはまるであなたの隣に開発者(僕、プログラマ、デザイナー)がいるような感覚で、
あなたの声を開発に反映してソフトを創っていくということです。

つまりこれは、ソーシャルメディアを駆使した『みんなと一緒に共同開発』。

たとえば開発の現場やブレストの様子をUstreamでお見せしていき、開発している最中、
タイムラインで呟いてくれたものをリアルタイムに反映したりできたら面白いと思っています。

僕らの顔が見える、声が聞こえる───────。
そしてあなたの声も、僕らに聞こえる。そして僕らがその声に耳を傾けること。

つまりこれは、僕らとあなたで、新しいプロジェクトを始めるということでもあります。
その結果、きっと次の新しいソフトが『あなたと一緒につくった』作品になると思うんです。

そこで先日、オープンフェイス開発の第一弾として、こんなアンケートをやってみました。

なお、このアンケート結果は、8月に『ウェブコンポーザー白書』という名前で統計をグラフ化し、その結果、何を取り入れ、次期BiNDや新規開発ソフトに反映させるかのレポートと共にしっかりとご報告します!

さぁ、一緒にものづくりをする楽しさを共有しませんか?
それでは、『オープンフェイス開発』、スタートです!!!!!


・・・そして、2618件もの回答が集まりました!
・・・これ、時間にしたら何千時間なんでしょう。みなさんの膨大な時間を頂いた、本当に宝の山です。僕らはこれからこれらの声を最大限生かして、より良い次期BiNDに育てていきます。まずは、中間報告、していきましょう。

次期BiNDのオープンフェイス開発のアンケートの結果、多くの方が「もっと簡単に使えるようにして欲しい」と思っていることが分かりました。主に難しいのがブロックエディタの操作。なので次のバージョンではそこをちょっとした工夫で取っ付きやすくします。less than a minute ago via Echofon Favorite Retweet Reply

小さな工夫でぐっと使いやすくなることもある。
だから、まずは白紙のブロックエディタが出てこないようにしようと思ってます。
どんなものをつくりたいのか、一目で選べるようになったら、もっともっと楽になると思うんです。「え?ちょっとイメージできない?」そうですよね。詳しくは、また今度しっかりお伝えしますね。

次期BiNDのオープンフェイス開発のアンケートの結果、多くの方が「素材の管理や他の人とのやり取りが面倒」と思っていることが分かりました。ソフト側では解決不可能とも思っている方も多いようなのですが、次期BiNDでは「おお!」という解決方法を提案したいです。less than a minute ago via Echofon Favorite Retweet Reply

実は、アンケートを読んでいて気づいたことがあるんです。
それはですね、みなさん、素材のやり取りに関しては、なんていうか・・・「もうすでにあきらめちゃってる」んですよ。ソフトの領域じゃないと思っているのでしょうし、解決不可能だと思い込んじゃっている気がしました。
というのは、写真や文章やあるいはアイディア、メモなど、サイトをつくるには一人でもいろんな資料があるし、ましては数人でつくるときにはそれらを共有しなきゃいけない。
・・・そういうのって、ソフト側じゃどうにもならないと思っちゃってませんでしたか?
じゃあ、次のBiNDではここにも手を入れましょう。だって、BiNDの目的は「編集だけに集中して良いサイトをつくる」ことになるのですから。

次期BiNDのオープンフェイス開発のアンケートの結果、予想以上に多くの方が「ハイブリットの環境で使いたい」と思っていることが分かりました。そこで次期バージョンでは今の時代に相応しい解決策を提案してみようと思います。less than a minute ago via Echofon Favorite Retweet Reply

これは、ものすごく難しいことなので、ものすごくシンプルに解決したいですね。
ハイブリッドだけに限らず、会社と自宅それぞれで更新したいとか、まずは文章ダミーでデザイナーがつくったサイトを、次はライター役の人にバトンタッチとか(あるいはその逆とか)。
つまり、別々の場所、あるいは別々の人で、ひとつのサイトをつくっていくということが、今までのBiNDだと苦手だったんですが、次のBiNDではそこにもできるだけシンプルな解決策を提案してみたいと思ってます。お楽しみに!

次期BiNDのオープンフェイス開発のアンケートの結果、「Facebookがいまいち分からん」と「活用したい」という人が半々だということが分かりました。FBは伸びるジャンルなのでBiNDが使えればFBも使えるようになっちゃう!という提案を大々的にします。less than a minute ago via Echofon Favorite Retweet Reply

これは・・・ちょっと自信作ですよ。
元々Facebookには取り組もうと思っていたので、Facebookを知っている人には「おおおお!待ってたよ!これを!」と言われるようなものになるはずです。
Facebookを知らなかった人は、きっとスイスイスイーっとFacebookを活用できちゃうので、「え?今まで何が難しかったの?」と思って、次期BiNDの凄さにも気づかないくらいにスムーズにFacebookに馴染んでもらえたら嬉しいなあ。
良いアイディアって、そういうものですからね。

次期BiNDのオープンフェイス開発のアンケートの結果、ほぼ全ての方が「アクセス数を増やしたい」と思っていることが分かりました。SEOは当然、次はどうリピーターを増やすかです。次期BiNDでサイト運営するとアクセスが増える!という状況にしていきます。less than a minute ago via Echofon Favorite Retweet Reply

一番大事なこと。それがアクセスを増やすこと。
でも実はみなさん、ちゃんと日々アクセスを増やすために、どんな手間をかければ良いかご存知ないんですよね。分かってしまえば当たり前のことなんですけど。
でも、その当たり前のことができないのが人間というもの。
そこで、次期BiNDでは、更新したあとに「リピーターの人にお知らせする」という仕組みを、各種SNSと連携してバッチリやっちゃおうと思ってます!
ソフトの操作としてはとても簡単なので、誰でもできると思います。でも、その効果はかなり大きいものですよ(^^)。どうぞお楽しみに!

・・・ということで、こんな感じでこれからもアンケートの結果をちょこちょこお知らせしていきたいと思います!では!

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
下にコメント欄を用意しました。開発の参考にしますので、書き込んでいってください。

Feedback

  • http://twitter.com/friendship901 ごはんリレー

    これだけ読んだだけで、もうほしいww

  • http://twitter.com/chris_rn 永谷亮

    時期BiNDへの期待がさらに高まりました。
    こないだのアンケートで、僕なりに時間をかけてじっくり考えて書いたことと、
    ほかのユーザーの意見が、少なからず似通っていたこともわかりました。
    そして、時期BiNDに僕たちの期待にプラスされたものが付け加えられるのかも!?
    と思うと今から楽しみです。
    オープンフェイス開発、僕たちユーザーにとってもありがたいです。
    だって、自分自身のニーズに新たに気づいたり、新しい可能性に触発されますから。

  • Tomoyasu Hirano

    ちなみに、まだまだこれは次期BiNDのごくごく一部です。
    軽いジャブを打っているだけなので、正式発表になっていくにつれて、きっともっと「おお!」と思って頂ける内容になると思います〜。

  • http://twitter.com/yabitu 私生活シングルプレーヤー

    購読しますた!

  • http://www.facebook.com/souichi.sasuga Souichi Sasuga

    なんかわくわくしています。平野さんがんばって!!

  • http://twitter.com/Hakaida Shigeo NISHIMORI

    わくわくする内容ですが、Lionで現バージョンが動作しないのがつらい。ぜひ、早めのリリースをお願いします。

  • fooser

    読んでいるだけで、もう「おお!」って感じです^_^
    次期BiNDもそうなんですが、あらためてこの「オープンフェイス開発」は素晴らしいと思います。
    仮に自分には少し機能が足りなかった?としても、DSさんのファンだし、こんな楽しい開発を見ながら出来上がった次期BiNDは絶対買っちゃうよなぁ・・・^^;

    これからも楽しみにしています!

  • http://twitter.com/genki_tt Takahiro Terasawa

    次期BiND期待しています!
    Mac版について、BiND5(?)がLion対応するのは当然だとはおもいますが、ぜひとも現行BiND4のLion対応Updateもお願いします! それまでLionお預け状態なのです^^;

Recent Entries: 最近のエントリー

Profile: 宮澤 聖二のプロフィール

デジタルステージ取締役会長。メディアクリエイター。身近なところにある自分たちの“未来”をデザインするソフトウェアやソーシャルメディアの未来を創る企画をプロデュースしている。制作したソフトウェアはグッドデザイン賞金賞をはじめ文化庁メディア芸術祭優秀賞など受賞歴多数。2010年からネット中継「USTREAM」を使った独自のスタイルで新時代のソーシャルメディア論を積極的に提唱している。自ら手がける番組においてこれまでに延べ90万人の視聴者が参加。

宮澤 聖二のプロフィール

Projects: プロジェクト一覧