menu_03.pngmenu_03.pngds.pngds.png

btn_product.pngbtn_product.pngbtn_server.pngbtn_server.png素材サービス素材サービスbtn_support.pngbtn_support.pngbtn_project.pngbtn_project.pngbtn_store.pngbtn_store.pngbtn_fb.pngbtn_fb.png

logo.gifPress Release [ プレスリリース ]

2012年5月9日
株式会社デジタルステージ

ウェブ制作者を支援するフリースクール・ウェブコンポーザー学校3学期
新しいウェブ表現「ウェブ・プレゼンテーション」を学ぶ「LiVE Lab.」を本日5月9日より放送開始。


株式会社デジタルステージ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:平野友康)は、ウェブを使って自ら情報を発信していく人たちを支援していくために開設したインターネット上のフリースクール「ウェブコンポーザー学校」の新企画、「LiVE Lab.」(ライブ・ラボ)を2012年5月9日(水)より開始いたします。

3回目のシーズンを迎えたLiVE Lab.のテーマは、弊社が今夏に発売予定のソフトウェア「LiVE for WebLiFE* 」(ライブ・フォー・ウェブライフ、以下LiVE)が掲げる新しいウェブ表現「ウェブ・プレゼンテーション」です。
今やホームページをはじめ、SNSやブログを使って誰もが伝えたいことを発信できる時代ですが、ただ発信するだけでなく、いかに表現することが大事だとわたしたちは考えました。情報の伝達力を加速させ、訴求を高めるためのウェブ・プレゼンテーションのあり方とは何かを視聴者とともに研究し、学んでいきます。


【LiVE Lab.について】
毎週水曜日21時から2時間に渡り、ソフトの開発現場からUstreamを使って現在進行形の開発の様子を生々しく届けていきます。ときには開発のミーティングに密着し、開発中のソフトを見せながら視聴者の意見を取り入れるなど、共同開発のおもしろさとともにソフト完成までの軌跡を追いかけていきます。

以下のUstreamチャンネルで7月末まで全10回放送予定。
http://www.ustream.tv/channel/webcomposer

<5月9日(水)の放送内容>

21:00
放送スタート
21:20頃~
ウェブ・プレゼンテーション概論(50分程度)
ゲストにフリーエディターの米田智彦氏を迎え、開発プロデューサー・平野友康とともにLiVEが掲げるウェブの新ジャンル『ウェブ・プレゼンテーション』についてディスカッションします。
22:20頃~
LiVE開発ミーティング(15分程度)
開発ルームのスタッフ自らが開発途中のLiVEで作る開発ドキュメンタリーサイト『池尻デイズ』を紹介していきます。

【ウェブコンポーザー学校の入学手続き】 ※Twitterアカウントがあれば無料で登録可能
ウェブコンポーザー学校の公式サイトよりエントリー。
http://www.digitalstage.jp/wcs/
入学者には、ソフトの優待販売を実施するなどの様々な特典を用意しています。


【ウェブコンポーザー学校とは】
ウェブコンポーザー学校とは、ウェブを使って自ら情報を発信していく人たち「ウェブコンポーザー」を支援していくために2010年8月に立ち上げ、今回で3回目のシーズンを迎えます。
これまでに延べ300,914人が参加しました。2012年5月9日現在の入学者数は6,864名、主宰は弊社代表の平野友康。

■ウェブコンポーザー学校関連URL
 ・Twitterアカウント:http://twitter.com/webcomposer
 ・Facebookページ:http://www.facebook.com/webcomposers

<報道関係者のお問い合わせ>
株式会社デジタルステージ 広報担当/Email:pr@digitalstage.jp
〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-4-5 IID#119

※ 本プレスリリースに記載されている製品・サービス名はデジタルステージおよび各社の登録商標です。記載の情報は予告なく変更になる場合があります。

【デジタルステージとUstream】

logos.jpg

1998年11月創立。ソーシャルメディアの未来をつくるソフトウェアやプロジェクトを企画プロデュースする。2010年からはUstream とTwitterを始めとするソーシャル・メディアに注目し、2011年1月には、坂本龍一氏とともに「skmtSocial プロジェクト」を立ち上げ、同氏のピアノソロツアーを全世界に無料発信した。75カ国で延べ20 万人以上が視聴に参加し音楽の新しい楽しみ方を提案するなど、ソーシャルメディアを使った試みを積極的に行っている。