会社情報

ABOUT US

MESSAGE

代表メッセージ

豊かさへの気付きを促す、サービスへ

 

半径200mの人を幸せにするをモットーに

 
デジタルステージが創業した20年前、インターネットとテクノロジーの未来に皆がワクワクしていました。誰もがクリエイターになって、素敵なホームページや映像を世界に発信する。顔の見える身近な人が思い描く幸せの実現をデジタルステージはテクノロジーで実現してきました。
あらゆるユーザーと直接コミュニケーションが可能なダイレクトマーケティングで培われた長年のノウハウは、一朝一夕では築けないデジタルステージのモノ作りの文化として根付いています。事業者向けのCMSとは一線を画した成長を遂げてきたことが優位性となり、現在ではtoBのマーケットからも評価される製品になりました。海外のサービスも台頭している中で、国産ツールならではの、日本の企業のきめ細やかな課題に対応できるのも強みです。

 

ギャップを解消し、豊かになるためのサービス

 
誰もがクリエイターになれる時代が到来し、テクノロジーの進化によって便利さを手にしたと同時に、現代は情報化の波にもまれて息苦しさを感じているのも事実です。不変的な人間の本質や価値観と、変化のスピードとのギャップが広がる中で、デジタルステージの次なる使命は、ツールの提供にとどまることなくその先にどんな体験をするのか?真の豊かさとは何か?といった、共感や気付きを生み出すことだと考えています。新時代を迎える今、ユーザーの夢を叶えるという想いを共に抱けるパートナーシップや、個性が巻き起こすセレンディピティな社会を創造するようなサービスを目指してまいります。

熊崎隆人

 

代表取締役 熊崎隆人

大学で意匠設計を学び建築学修士号を取得。在学中にデザインとコンサルティングを主業務とするCRYPTOMERIA,incを設立し、CEOを務める。2007年より取締役を兼任し、現在は代表取締役。

COMPANY OVERVIEW

会社概要

社名

株式会社デジタルステージ

設立

1998年11月16日

本社

〒154-0001
東京都世田谷区池尻2-4-5 IID 世田谷ものづくり学校 119教室
Tel:03-5433-5900
お問合せはお電話ではなくフォームより承ります

資本金

3,000万円

役員

代表取締役社長 熊崎 隆人
代表取締役 藤原 純二
取締役 石原 義光
取締役 香山 哲
監査役 亀田 敬亨

取引銀行

みずほ銀行
三井住友銀行
きらぼし銀行
新生銀行
日本政策金融公庫
昭和信用金庫

事業内容

クラウドサービス・Webサーバー・ソフトウェアの企画・開発・販売

子会社

コムウェア株式会社
株式会社日本アド
デジタルステージ・ベトナム(Da Nang, Viet Nam, 英語名 DIGITALSTAGE CO., LTD.)

資格・届出・登録

届出電気通信事業者(届出番号:A-26-13780)
プライバシーマーク認定 登録番号 第21000825(02)号

プライバシーマーク付与有効期間 平成28年1月14日から平成30年1月13日

プライバシーマーク指定審査機関 一般財団法人日本データ通信協会

ACCESS

アクセス

電車でお越しの場合

東急田園都市線「池尻大橋」駅下車、徒歩約10分
東急田園都市線/東急世田谷線「三軒茶屋」駅下車、徒歩約15分
 

バスでお越しの場合

東急バス「自衛隊中央病院入口」下車、徒歩約5分
渋谷駅バスターミナル東急バス乗り場番号
21番 渋谷→下馬1丁目循環(渋31系統)
22番 渋谷→野沢龍雲寺循環(渋32系統)
23番 渋谷→多摩川園・都立大学北口循環(渋33系統)

HISTORY

沿革

1998/11

株式会社サードステージ デジタル事業部より分社・独立。株式会社デジタルステージ設立

1998/12

VJソフト 「motion dive 1.5」をリリース。(発売:イマジカ)

2002/06

スライドショー作成ソフト「LiFE* with PhotoCinema」をリリース

2004/07

Flashサイト制作ソフト「ID for WebLiFE*」をリリース

2007/09

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE*」をリリース

2009/09

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 3」にホスティングサーバーを付属

2010/09

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 4」にショッピングカートシステムを搭載

2010/12

モーショングラフィックを生成するiPhoneアプリ「motiondive WA」をリリース

2012/07

jQueryベースのウェブサイトを作成できる「LiVE for WebLiFE*」をリリース

2013/05

写真、音楽、テンプレートなど素材をダウンロード提供する「materials」サービスを開始

2013/05

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 6.5」で日本語Webフォントの提供を開始

2013/05

(株)ベンチマークジャパンと業務提携し、HTMLメール作成・配信サービス「Benchmark Email」の提供を開始

2013/09

アジア展開を視野に、新規製品・サービスの開発力を強化する「デジタルステージ・シンガポール」を設立

2014/08

「BiND for WebLiFE* 」シリーズをクラウド化し、ウェブ制作オンラインサービス「BiNDクラウド」としてリリース

2015/05

動画作成ソフト「PhotoCinema」をリリース

2016/09

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 9」でBiNDクラウドの1年ライセンスを提供開始

2017/03

ウェブスキルアップ・プログラム「BiND CAMP」をスタート。教材の提供やセミナーを開催

2018/02

素材サービス「materials」にて、PIXTAと提携し2,400万点以上の素材の提供を開始

2018/09

「BiND for WebLiFE* 」シリーズと「BiNDクラウド」を統合し、「BiNDup」としてリリース

デジタルステージで使用している電力は、太陽光、水力、風力などを利用した100%自然再生可能エネルギーです。