デジタルステージの歩み

HISTORY

COMPANY HISTORY

沿革

1998/11

株式会社サードステージ デジタル事業部より分社・独立。株式会社デジタルステージ設立

1998/12

VJソフト 「motion dive 1.5」をリリース。(発売:イマジカ)

2002/06

スライドショー作成ソフト「LiFE* with PhotoCinema」をリリース

2004/07

Flashサイト制作ソフト「ID for WebLiFE*」をリリース

2007/09

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE*」をリリース

2009/09

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 3」にホスティングサーバーを付属

2010/09

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 4」にショッピングカートシステムを搭載

2010/12

モーショングラフィックを生成するiPhoneアプリ「motiondive WA」をリリース

2012/07

jQueryベースのウェブサイトを作成できる「LiVE for WebLiFE*」をリリース

2013/05

写真、音楽、テンプレートなど素材をダウンロード提供する「materials」サービスを開始

2013/05

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 6.5」で日本語Webフォントの提供を開始

2013/05

(株)ベンチマークジャパンと業務提携し、HTMLメール作成・配信サービス「Benchmark Email」の提供を開始

2013/09

アジア展開を視野に、新規製品・サービスの開発力を強化する「デジタルステージ・シンガポール」を設立

2014/08

「BiND for WebLiFE* 」シリーズをクラウド化し、ウェブ制作オンラインサービス「BiNDクラウド」としてリリース

2015/05

動画作成ソフト「PhotoCinema」をリリース

2016/09

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 9」でBiNDクラウドの1年ライセンスを提供開始

2017/03

ウェブスキルアップ・プログラム「BiND CAMP」をスタート。教材の提供やセミナーを開催

2018/02

素材サービス「materials」にて、PIXTAと提携し2,400万点以上の素材の提供を開始

2018/09

「BiND for WebLiFE* 」シリーズと「BiNDクラウド」を統合し、「BiNDup」としてリリース

PRODUCTS / SERVICES

プロダクト・サービス

BiNDシリーズ

ビジネスソリューション

 
法人向けサービス
 

法人企業のサイト運用のあらゆる課題を解決!

10年以上に渡り自社開発してきたSaaSモデルのCMS(ホームページ制作ソフト)を、法人企業のサイト運用のあらゆる課題を解決するビジネスソリューションとして展開。長年の研鑽に支えられたCMSとしての性能に加え、強固なセキュリティのサーバー環境、手厚いサポート、他社とのサービス連携、運用スタイルに合わせる拡張性が強みで、大手各社をはじめさまざまな業種・業態の企業に選ばれている。
 

ホームページ作成サービス

 
BiNDシリーズのパッケージ

 

低予算で確かな成果を。ホームページ作成からマーケティングまで

2007年にパッケージソフトとして登場し、時代に合わせて進化し続けてきたホームページ作成サービス。ホスティングサーバーやカート、フォームなど、ホームページ制作に必要な機能を網羅し、時代に先駆けたGoogleのサービスやSNSとの連携などWeb制作のトレンドに対応するフットワークが支持され、シリーズ累計で19万人が使用。現在は、toCだけでなく、OEMやエンタープライズ版などtoB向けの展開も実施。
 

PhotoCinemaシリーズ

動画作成ソフト

 
PhotoCinemaシリーズのパッケージ

 

動画で描こう、これまでにない笑顔と感動を

スライドショー作成ソフト「LiFE* with PhotoCinema」の後継で、写真だけではなく動画にも対応したソフトとして2015年に登場。プロのこだわりが詰まったテンプレートや音楽に合わせて映像を当てはめていくというスタイルが特徴で、誰でも簡単にオリジナル動画を作成可能。結婚式向けのフレームやエフェクトが揃った「WEDDING」や、ビジネス向けのシナリオが揃った「BUSINESS」バージョンも用意。
 

PAST PRODUCTS

歴代プロダクト

LiVEシリーズ

jQueryベースのウェブ制作ソフト

 
LiVEシリーズのパッケージ
 

想いは動かして届けよう。

jQueryの技術を駆使したインタラクティブなサイトが簡単に作れるソフトとして2012年に登場。スクロール時の視差を利用したパララックスなど、トレンドを取り入れたダイナミックな動きのサイトがプロのクリエイターでなくても作成可能。キャンペーンページやランディングページなど、目的をダイレクトに伝えるスペシャルサイト作りに最適。

IDシリーズ

Flashサイト制作ソフト

 
IDシリーズのパッケージ

 

着せ替え感覚でFlashサイトが作れる

プロのFlashクリエイターでなくても、すべてFlashを使った動きのあるホームページが作れるソフトとして2002年に登場。派手な演出も可能なFlashは当時プロしか扱えない憧れの技術。本来Flashとは無縁だった人たちに受け入れられ、8年間愛される長寿ソフトに。デジタルステージとしては初めてのホームページ制作ソフトで、BiNDとは姉妹商品。

LiFEシリーズ

フォトムービー作成ソフト

 
LiFEシリーズのパッケージ

 

映画のように、写真を観よう。

デジタルカメラの普及に伴い、PCでスライドショーを楽しむ文化が生まれた時代、結婚式などの特別な場面を感動的に演出できるソフトとして2002年に登場。フォトムービーソフトの先駆けとなり、メディア芸術祭などでさまざまな賞を受賞。ナイキやアップルとコラボレーションして限定ソフトをリリースするなど、ソフトウエアの枠にとらわれないサービスを展開。

motion diveシリーズ

VJソフト

 
motion diveシリーズのパッケージ

 

音楽と映像の本質を呼び覚ます

アーティストやDJの後ろに流れる映像を作るVJ(Visual Jockey)ソフト。大規模な装置がなくても手軽にパソコンでさまざまな映像やエフェクトを音楽に合わせてリアルタイムにコントロールできるツールとして、VJブームの火付け役となる。専用コントローラーをローランド(株)と共同開発。AMWアワードでベストプログラマーを受賞するなど受賞も多数。

AWARDS

受賞歴

デジタルステージ

2018年 優良企業表彰制度 最優秀賞しんきんゆめづくり大賞

BiND for WebLiFE* 

2007年 グッドデザイン賞 中小企業庁長官特別賞

LiVE for WebLiFE* 

2013年 中小企業優秀新技術・新製品賞優秀賞
2012年 グッドデザイン賞

ID for WebLiFE* 

2004年 グッドデザイン賞

LiFE* with PhotoCinema 

2002年 グッドデザイン賞 金賞
2002年 文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品
ほか

motion dive シリーズ

2003年/2001年/1999年 グッドデザイン賞
2000年 AMDアワード ベストプログラマー賞
1999年 文化庁メディア芸術祭 デジタルアートインタラクティブ部門 優秀賞
ほか

デジタルステージで使用している電力は、太陽光、水力、風力などを利用した100%自然再生可能エネルギーです。